白濱亜嵐、GENERATIONS「Lonely」で開花した楽曲制作の才能 PKCZ®加入で高まる“新たな活動への意欲”とは

白濱亜嵐、GENERATIONS「Lonely」で開花した楽曲制作の才能 PKCZ®加入で高まる“新たな活動への意欲”とは

 ダンス&ボーカルグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)が、11月18日にニューシングル『Loading…』をリリースした。メンバーからファンへのメッセージを込めて、自粛期間中の5月に配信された楽曲「You & I」、パフォーマーの白濱亜嵐が主演を務める映画『10万分の1』の主題歌「Star Traveling」、白濱が初めて作詞作曲を手掛けた新曲「Lonely」が収録されている。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / You & I (Music Video)
GENERATIONS from EXILE TRIBE / Star Traveling (Music Video)

 新型コロナウイルスの影響により開催予定だったドームツアー『GENERATIONS PERFECT LIVE 2012▶2020』が中止になるなど、活動が制限される中でも少しずつ確実に前へ進んでいきたい、現状に留まることなく進み続けていきたいというメンバーの意気込みと想いが込められたシングルだ(以下、発言はすべて『週刊EXILE』より)。

 なかでも「Lonely」は、白濱が作詞作曲を初めて手掛けた楽曲とあってファンの間で話題になっている。これまで、DJ ALANとして、GENERATIONSの楽曲をリミックスしたり、ライブでパフォーマンスしたり、実際にDJプレイを披露したりするなど、白濱はダンスだけではなく楽曲の部分でもグループを支えていた。今年10月に開催された配信ライブ『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』で、EXILE MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAからなるクリエイティブユニット・PKCZ®への電撃加入が発表され、DJ ALANとしても活動の幅をさらに広げている。そんななかで発表された「Lonely」は、天真爛漫で底抜けに明るい性格の白濱からは想像できない、儚く切ない楽曲に仕上がっている。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / Lonely (Lyric Video)

 白濱が楽曲制作を始めるきっかけとなったのは、デビュー前に全国各地を車で巡り、ライブを行った「夢者修行」だという。ライブで1ハーフだけ披露する予定だったオリジナル楽曲の音源がフル尺しかなく、ちょうどパソコンを持参していた白濱が1ハーフに編集。無事にライブを成功させたことで得た達成感に喜びを覚え、曲をカットして繋げるなど編曲をすることから制作活動をスタートさせた。

 本曲は、もともとメロディができた時に歌詞のイメージまで浮かんでおり、「自分で歌詞を書いたら面白い曲になるかもしれない」「メンバー自身が手掛け曲は、思い入れも深くなるのではないか」と思い、作詞も担当したそうだ。これまで楽曲制作に携わっていたことや、EXILE ATSUSHIやEXILE TAKAHIRO、EXILE SHOKICHIなど、自身で作詞を手掛ける先輩が身近にいたこともあり、彼らの背中を見て育ってきた白濱にとって自然な流れだったのだろう。コロナ渦で直接ファンと会えない状況が続いており、これまで以上に楽曲を通してファンへメッセージを送る大切さを実感したのか、白濱は「アーティストは自分でメッセージと曲を発信するもの」と、改めて考えるようになったという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる