NUMBER GIRL、東京事変、私立恵比寿中学、尾崎豊……今サブスクで聴きたい、現場の熱量閉じ込めたライブ音源

NUMBER GIRL、東京事変、私立恵比寿中学、尾崎豊……今サブスクで聴きたい、現場の熱量閉じ込めたライブ音源

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ライブが中止や延期になったり、開催されても従来通りの方法ではできない状況が続く2020年。それまでライブに頻繁に行っていた人も、仕事や家庭の事情で自粛することも多くなっているのではないだろうか。

AWAで聴けるライブ音源

 今回は実際にライブに行くことができなくても、会場の雰囲気やライブにしかない感動が伝わるライブ音源でプレイリストを作成した。ジャンルも様々な9組のアーティストだが、どれも「ライブだからこそ」の魅力が詰まった音源ばかりだ。少しでもライブへ行った気持ちになって楽しんでもらえたらと思う。

NUMBER GIRL「OMOIDE IN MY HEAD(LAST LIVE AT SAPPORO サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態)」

NUMBER GIRL「OMOIDE IN MY HEAD(LAST LIVE AT SAPPORO サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態)」

 2019年に再結成したNUMBER GIRL。数ある名曲の中でも特にライブ人気が高い「OMOIDE IN MY HEAD」(『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』収録)を選んでみた。向井秀徳の「ドラムス、アヒトイナザワ」の台詞からバンドの演奏が始まる瞬間がたまらなく痺れる。「オイ!」と叫ぶ観客の熱気も最高。彼らがライブバンドとして評価され続けている理由が必ず伝わるはずだ。

東京事変「OSCA(ウルトラCより)」

東京事変「OSCA(ウルトラCより)」 

 東京事変のライブベストアルバム『東京コレクション』より「OSCA」のライブ音源。始まった瞬間に巻き起こる観客の歓声は興奮が伝わってくる。後半でアップテンポになる展開は、バンドが持つ高い技術を感じられる演奏だ。椎名林檎の荒々しくもクールな歌声が魅力的で、中盤のコール&レスポンスも完璧。またこうやって東京事変のライブを叫んで楽しみたい。

私立恵比寿中学「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(Live)」

私立恵比寿中学「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(Live)」

 アイドルのライブでは特に「ファンと一緒にライブを作り上げている」ということを実感する。観客の熱気と愛に満ちた声援やコールは凄まじいものがある。私立恵比寿中学『FAMIEN’18 IN YAMANAKAKO DAY2』収録の「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」ライブ音源からは、ファンの熱気によってメンバーも歌声が覚醒していることがわかる。ライブだからこその魂を振り絞るように叫ぶ歌声と、それに興奮して叫ぶ観客。想いをぶつけ合うような凄みを感じる音源だ。

フジファブリック「LIFE(Live at 日本武道館)」

フジファブリック「LIFE(Live at 日本武道館)」

 フジファブリックのライブはいつも温かい雰囲気で満たされている。ロックでカッコイイのに優しい空気になる不思議なバンドなのだ。そんな雰囲気が日本武道館で収録された『Live at 日本武道館』収録の「LIFE」ライブ音源からは特に感じる。何度も「ありがとう」と言うボーカルの山内総一郎と、リズムに合わせて楽しそうに手拍子する観客。曲終わりの長めの拍手も印象的で優しさに満ちている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる