A応Pと『おそ松さん』は切っても切り離せない関係に チャレンジ精神と遊び心溢れる、歴代OP全曲を聴き解く

ニートの6つ子を全肯定するA応Pのオープニング

 作詞を放送作家の鈴木おさむが担当したことでも話題を集めた「まぼろしウインク」は、第2期第2クールのオープニングテーマとして2018年にシングルリリースされた。中毒性のあるメロディはトキメーカーズ 村井大が担当し、和太鼓などの和楽器とディスコティックなビートが融合したサウンドは、編曲をsajou no hanaのメンバーとしても活躍するキタニタツヤが担当している。鈴木おさむの歌詞は、これまでとは一転してファンタジックな雰囲気で、〈12の瞳〉や〈6色の虹〉といったワードで6つ子を表現した。Dメロではかくれんぼの〈もういいかい? まだだよ〉というフレーズが出てくるのだが、その後ろで響くメンバーのガヤが実に楽しい。

【MV】A応P「まぼろしウインク」FULL Ver.
A応P『nice to NEET you!』

 そして、現在放送中の第3期オープニングテーマとして放送されているのが「nice to NEET you!」だ。作詞・作曲を村井大、編曲を倉内達矢が手がけている。村井は「まぼろしウィンク」に続いての参加で、倉内はμ’sの「Angelic Angel」の編曲やAqoursの「WATER BLUE NEW WORLD」のストリングスアレンジなどを担当し、神谷や入野の楽曲にも携わっている。楽曲のテーマは「ニート」で、働かずダラダラ生きていたいという6つ子の精神を全肯定すると同時に、つい働き過ぎてしまう日本人に向けてメッセージも投げかけている。中盤では突然ダラダラとしたレゲエに展開するほか、歌詞には〈はなまるぴっぴお疲れさん〉〈バタン(Oh!) キュー(No!)〉〈夜食にゲーム 近うよれ〉〈まぼろしに キスして〉と、これまでのOP曲のタイトルが盛り込まれた遊び心もある。

 ちなみに、2017年にゲーム『おそ松さん ダメ松.コレクション〜6つ子の絆〜』のオープニングテーマ「花咲か人生ええじゃないか!」もA応Pが担当しており、これも合わせると『おそ松さん』×A応Pのコラボは「nice to NEET you!」にて通算6回目となり、両者はすでに切っても切り離せない関係と言えるだろう。

A応P「nice to NEET you!」MVフル Ver. (TVアニメ『おそ松さん』第3期OPテーマ)

 時には他のアニメを大胆にパロディ化し、時にはコンプライアンスの限界にも挑戦、そして、時には予想外の良い話でふいに感動を与えてくれる。『おそ松さん』のアニメでなければ表現し得ない想像力に満ち溢れた映像とストーリーは、エンターテインメントの世界に一石を投じる、実にシュールでアナーキーな存在だ。アニメを勝手に応援するというコンセプトで始まったA応Pもまた、レーベルへの忖度なしにアニメを応援するため、メジャーのレーベルに所属することなく活動を続けるチャレンジングな存在とも言える。『おそ松さん』あるところにA応Pあり。それぞれのチャレンジが、今回も大きな相乗効果を生んでいる。

■榑林史章
「山椒は小粒でピリリと辛い」がモットー。大東文化大卒後、ミュージック・リサーチ、THE BEST☆HIT編集を経て音楽ライターに。演歌からジャズ/クラシック、ロック、J-POP、アニソン/ボカロまでオールジャンルに対応し、これまでに5,000本近くのアーティストのインタビューを担当。主な執筆媒体はCDジャーナル、MusicVoice、リアルサウンド、music UP’s、アニメディア、B.L.T. VOICE GIRLS他、広告媒体等。2013年からは7年間、日本工学院ミュージックカレッジで非常勤講師を務めた経験も。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる