加藤ミリヤが武道館で確かめた、輝かしい15年の軌跡 清水翔太、AI、青山テルマ、中島美嘉らと祝福した記念ライブを観て

加藤ミリヤが武道館で確かめた、輝かしい15年の軌跡 清水翔太、AI、青山テルマ、中島美嘉らと祝福した記念ライブを観て

 11月29日、デビュー15周年イヤーの締めくくりとして、自身にとって約10年ぶりとなる日本武道館公演を開催した加藤ミリヤ。「武道館へようこそ!」というあいさつをきっかけに幕を開けたライブは、15年間の輝かしい軌跡を濃密に辿るセットリストとなっていた。

加藤ミリヤ

 オープニングを飾った「SAYONARAベイベー」「恋シテル」では、生バンドによるパワフルな演奏をバックに、ダンサーたちと共にクールなダンスを披露。会場のテンションを一気に上げにかかる。その後は「このままずっと朝まで」「UNIQUE」「LIBERTY」など、加藤ミリヤのソングライティングの才能をあらためて感じさせるナンバーが次々とテンポよく繰り出されていく。8曲目に歌われたのはデビュー曲「夜空」。BUDDHA BRANDの「人間発電所」をサンプリングしたこの曲の破壊力は15年経ってもなお強力で、彼女のデビューが当時の日本の音楽シーンに与えた大きな衝撃をまざまざと思い出させてくれた。

 15周年を祝うべく、この日はスペシャルなゲストが続々と登場。「FUTURECHECKA」ではSIMON、COMA-CHI、TARO SOULとの4MCスタイルによる圧巻のマイクリレーでフロアを揺らす。「Fighter」では、同時代を共にサバイブしてきた女性シンガーである中島美嘉と力強いメッセージを響かせていく。エレキギターを弾きながら歌う、ロックな加藤ミリヤの表情が堪能できた瞬間でもあった。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 大人への転換期に生まれた「20-CRY-」と「19 Memories」が2曲並べて歌われたのも感慨深いシーンだった。当時、実際に19歳と20歳のときに書かれた歌詞は、今もまだ色あせぬ魅力を放ち、彼女が歌うことで新たな光が楽曲に射し込んでいたように思う。

 3組目のゲストは湘南乃風の若旦那こと新羅慎二。せつないラブソング「LA LA LA feat.若旦那」をデュエットする中、新羅は〈生きるって大変なことだから/みんなでミリヤを慰めなきゃ〉〈傍にいて守ってあげなくちゃ/ミリヤは本当は弱いから〉と歌詞を変え、愛のあるフレーズを捧ぐ。それを受け、嬉しそうに笑顔を見せる彼女の表情が強く印象に残った。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 「People」や「UGLY」といったアルバム収録のコアな人気曲を連投した後は、新曲「COLORS」を。コロナ禍にSNSを通じてファンとコミュニケーションをとったことで生まれたという歌詞に、オーディエンスはじっくりと耳を傾け、そこに込められたメッセージをしっかりと心に刻み込んでいた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる