乃木坂46 堀未央奈が見せたアイドルとしての生き様 大貫真之介が辿る「バレッタ」から現在までの軌跡

 11月27日、午後10時15分、堀未央奈のソロ曲のMV「冷たい水の中」が公開された。

堀未央奈 2nd写真集『いつかの待ち合わせ場所』
堀未央奈 2nd写真集『いつかの待ち合わせ場所』

 乃木坂46公式アカウントのリプ欄を見ると、「いつも応援してくださる皆さんへ堀未央奈より」という見出しに動揺したもののソロ曲のMV公開と知って安心し、MVの最後に語られた卒業発表に衝撃を受ける……というファンの感情の流れが可視化されている。

 MVの内容はこうだ。ベンチコートを着た堀が乃木坂46で過ごした7年間が何だったのか独白するシーンから始まるのだが、その気持ちの揺れはどこか演技のよう。そして、ベンチコートを脱いで、センター曲「バレッタ」のセーラー服衣装で「冷たい水の中」を歌い出す。

 秋元康の本領が発揮された繊細でどこか生々しい歌詞を、堀はコンテンポラリーダンスで儚く、そして激しく表現していく。思えば、『真夏の全国ツアー2019』で堀は自身が率いたユニットによる「自由の彼方」でもコンテンポラリーダンスを舞っていた。

 堀はセーラー服を脱ぎ捨てると、震えた声で「私、堀未央奈は乃木坂46を卒業します。もっともっと冷たい水の中へ」と口にする……。

 監督は、堀の主演映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』を撮った山戸結希。「冷たい水の中」を観て、山戸監督による西野七瀬のソロ曲MV「ごめんね ずっと・・・」を思い出した。

 2分割の画面で展開されるのは、「アイドルの西野七瀬」と「もしも西野七瀬がアイドルになっていなかったら」の映像。一見すると「アイドルの西野七瀬」がノンフィクションで、「もしも…」がフィクションのようだが、しだいに「もしも…」こそ真実の西野に思えてくる。この正解のない映像体験は、いまでも頭にこびりついて離れない。

乃木坂46 『ごめんね ずっと・・・』Short Ver.

 『冷たい水の中』のMVもまた、どこからがノンフィクションでどこからがフィクションなのか境界線が分からないからこそ、心が揺さぶられる映像になっている。そこには堀が乃木坂46で培ってきた確かな表現力があった。

 今年6月20日に配信された『乃木坂46時間TV』(ABEMA)の「乃木坂電視台」で、堀は『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』をオマージュした企画「堀未央奈のキャラクターズブック」で、あざといインスタグラマーやギャルの女子高生といったキャラになり切ってインタビューに答える映像を放送した。

 堀はドキュメンタリー風コントでフィクションとノンフィクションの被膜を「笑い」に変えてみせた。実は2017年4月のインタビュー(『EX大衆』)で、「ロバート秋山さんのクリエイターズ・ファイルみたいなことをやりたいんです」と答えており、以前から構想があったようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる