THE COLLECTORS、限界を超えた先で歌い叫んだ熱狂のステージ ファンと祝った加藤ひさし還暦記念ワンマンを観て

THE COLLECTORS、限界を超えた先で歌い叫んだ熱狂のステージ ファンと祝った加藤ひさし還暦記念ワンマンを観て

 2020年11月23日、大宮ソニックシティ大ホールにて『THE COLLECTORS, HISASHI KATO 60th BIRTHDAY LIVE SHOW “Happenings 60 Years Time Ago”』が開催された。

 タイトルどおり、加藤ひさし(Vo)が前日の11月22日に還暦を迎えたことを祝うワンマンで、新型コロナウイルス禍で今年3月以降のライブがすべて中止になり、以降、配信ライブなども行っていないため、彼らがステージに立つのはおよそ9カ月ぶり。会場が大宮ソニックシティなのは、加藤の地元が熊谷なので、埼玉県内でセレクトしたのだと思われる。

 観客は客席を一席飛ばして座り、ライブの尺は約1時間で一日2回公演、入場者はマスク必須で歓声はNGなど、新型コロナウイルス感染防止のガイドラインに沿った形で行われた。以下、その2回目のステージの模様をお届けする。

THE COLLECTORS
加藤ひさし

 開演時間の19時きっかりにBGMが大音量のSEに切り替わると照明が落ち、赤と青の照明が点滅する中、中央に縦のレッドカーペットが敷かれたステージに、スーツ姿の古市コータロー(Gt)・山森“JEFF”正之(Ba)・古沢“cozi”岳之(Dr)が登場。

 1曲目「MILLION CROSSROADS ROCK」のイントロが始まると、赤とピンクと白のユニオンジャックカラーのジャケット姿の加藤ひさしが現れ、歌い始めるーーというオープニング。カーペットやジャケットのカラーは、無論、還暦にちなんだ演出で、以降のステージ照明も赤が基調で進んで行く。

 2曲目は、1997年の発表以来、ライブにおける必殺曲として機能し続けている「TOUGH」、3曲目は11月18日にリリースされたばかりのニューアルバム『別世界旅行〜A Trip in Any Other World〜』のリード曲であり、曲にもMVにも真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)が参加して話題となった「お願いマーシー」。アルバムに収録された音源どおり、イントロや間奏で加藤がハンドクラップを入れると、オーディエンスもそれにならう。

 音源ではイントロのリフをキーボードが担っているが、このリフをコータローがひとりで弾ききったのを受けて、「いやあ、イントロのギター、こんなにかっこいいなら、キーボードでやらなくてもよかったね」(加藤)、「(加藤が)やろうって言うから」(コータロー)、「こんなかっこいいギター弾けると思わなかったから」(加藤)、「俺、うまいよ?」(コータロー)という、ポッドキャスト『池袋交差点24時』そのままのノリの掛け合いに、オーディエンスがみんな笑顔になる。

 「俺、60(歳)なんだけどさ、いつまでも若いままでいようよ」という加藤の言葉から始まった「Stay Cool! Stay Hip! Stay Young!」ではシャッフルのリズムに合わせて、続く「たよれる男」ではギターイントロに合わせて、再びオーディエンスのハンドクラップが響く。ルールを守って誰も歓声を上げないし、ほとんどの人が座ったままだが、その分、こうしたハンドクラップや曲終わりの拍手には、いっそう力がこもっているように感じる。

THE COLLECTORS
古市コータロー

 開演前に影アナがこのライブのタイトルを読み上げたことに触れ、「影アナで『HISASHI KATO〜』はやめてほしい、(名前を)逆に言われると照れくさい、恥ずかしい」と加藤。「まあ恥ずかしい恥ずかしいと言いながら、こんな衣装を着て、みんなの前に立ってるんだけど。次はコータローくんの還暦の時もーー」と言うと、間髪入れずコータローが「いやあ、遠慮しとくよ」。また客席に笑顔が広がる。

THE COLLECTORS
加藤ひさし

 「TOO MUCH ROMANTIC!」と「1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEK」、1987年のデビューアルバム『僕はコレクター』収録の2曲をメドレー状態で聴かせる。そして、コータローがギターを爪弾き、それに合わせて加藤が最初の一節を歌い、2人がいったんブレイクすると、ウワーッと客席から拍手が。その拍手の音を切り裂くように、コータローのあのリフが響く。スピッツ「チェリー」やエレファントカシマシ「今宵の月のように」などと並ぶ、90年代の日本ロックを代表する屈指の名曲「世界を止めて」だ。ブランクをまったく感じさせずに……いや、逆にブランクがあった分、喉が温存されていたのかもしれないが、加藤のハイトーンがどこまでも美しくメロディを形にしていく。オーディエンスはみな、声は出せないが、マスクの内側で歌詞の一言一句を口ずさんでいるのがわかる。次の2018年リリースの前作『YOUNG MAN ROCK』からの「ひとりぼっちのアイラブユー」で、ステージの4人から放たれる熱はさらに上がっていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる