超特急が語る、5週連続配信リリースの意味 「僕ららしい答えを8号車と作っていく」

超特急が語る、5週連続配信リリースの意味 「僕ららしい答えを8号車と作っていく」

 CDデビューから8周年を迎えた超特急が、10月21日から5週連続で配信リリースを行った。メインダンサーの4人がそれぞれセンターを務めた個性豊かな4曲に加え、5週目となる11月18日には全員がセンターとなる「My Answer」をリリース。出し惜しみすることなく充実の新曲を発信してきたその姿勢には、ファンである“8号車”を想う気持ちにとどまらず、次なるステップ、新たなフェーズへと向かう彼らの大いなる自信が漲っているように感じた。(山田邦子)

毎週楽しみになるようなコンテンツを発信する(ユーキ) 

ーー自粛期間を終え、5人揃っての取材や撮影が再開しましたね。久々の感覚みたいなものもあります?

ユーキ:取材でみんなの話を聞いていて、稀にですが「え、(家で)そんなことしてたんだ!」みたいなこともありますよ。知っているようで知らなかった、面白い発見があったりして。

タクヤ:久々にメンバーに会うと、人見知りな部分もあって「どんなテンションで行けばいいのかな」みたいな(笑)。でも、一度会ってしまえば普段と変わらず。最近は感染防止も心がけながらこうしてお仕事もさせていただいているので、嬉しいです。

ーー8号車の皆さんにとっても、5週連続の配信リリースなど嬉しいニュースが続いて、少しずつ超特急との日常を取り戻しつつあるのかなと思います。

リョウガ:ライブやイベントの中止とか延期もありましたけど、直接は会えない分、SNSでの発信なんかを通して8号車の皆さんとの繋がりを大事にしながら自分たちにできることをやってきました。今回の5週連続配信リリースもまさにそう。こういう時期だからこそ、超特急はいつも通りだよっていう安心感みたいなものを感じてもらえたらなと思ったんです。まだまだ元通りとは言えないですけどね。僕ら5人と一緒に前を向いて、気持ちだけでも明るく過ごしてもらえたらという思いでいます。

――心強いです。しかし自粛期間中も、何かと忙しい毎日だったのでは?

カイ:(18thシングル)『Stand up』のリリースもありましたし、SNSでの盛り上げなんかも含めて、家でできることはしっかりやらせていただいていました。アンケートの記入など締め切りものも結構多かったし、それこそピコ太郎さんとやらせてもらった動画とか、楽曲を手話で届けるとかいろいろ。でも全部楽しくやらせてもらっていたし、そういうことをやっていたおかげで、オンラインであってもメンバーの顔が見られていたっていうのはすごくよかったと思いました。タクヤも言ってたように、2カ月空いちゃったけど会えばいつも通りだったから。

――ボーカリストにとっては、ある意味歌いたい欲求が爆発しそうな感じですよね。

タカシ:それはありましたね。ずっと家にいると歌えないし、喋らないじゃないですか。久しぶりにインスタライブをやると声が出にくくなってて、「そんなこと本当にあるんやな、怖っ!」って感じでした(笑)。さすがにこれ以上はヤバいなと思って、オンラインでボイトレもやるようになったんですけどね。

――思わぬ影響が出ていたんですね。ではここから、5週連続での配信リリースについて伺っていきたいと思います。超特急にとっても初の試みだったと思いますが、このアイデアを最初にお聞きになった時はいかがでしたか?

ユーキ

ユーキ: SNSとの連動みたいなことも考えると配信の方が人の手に届きやすかったりしますよね。年末にはオンラインライブもあるので、そこに向けて毎週楽しみになるようなコンテンツを発信するというのは、ファンの皆さんにもきっと喜んでもらえるだろうなと思いました。

――間違いないですね。ユーキさんは1週目「Jasper」でセンターを務めたわけですが、反響も大きかったようですね。

ユーキ:ティザーが公開になった時から、「見ました」「かっこいい!」などたくさんコメントもいただけて嬉しかったです。ちなみにあのティザーはあくまでもイメージなので、この曲のパフォーマンスをライブの本番で見せる時は、あれを遥かに超えるかっこいいものを見せたいなという気持ちになりましたね。みんなの感想とか印象みたいなものを、いい意味で裏切っていきたいなって。

タクヤ:でもあの、机に潜った時はびっくりした(笑)。

タカシ:避難訓練かと思った(笑)。

ユーキ:避難訓練!? ひどーい(笑)! でもあれも、自己表現だから。

カイ:そう。あんな感じでメンバーそれぞれ、曲のイメージ映像みたいな感じのティザーを公開しています。

超特急 「Jasper」 Teaser

ユーキ:で、最初の週だったらユーキDAY? ユーキ感謝祭? みたいな感じでみんなに盛り上がってもらうっていう(笑)。

カイ:ユーキWEEKな(笑)。

ユーキ:そうそう(笑)。8号車の皆さんがそれぞれTikTok含めいろんなSNSで使ってくれていて、嬉しかったです。

――誰がセンターになるかは自分達で決めたそうですね。バッティングすることはなかったんですか?

カイ:それはなかったです。どういう順番で曲を配信するかは決まっていて、タカシもレコーディングを済ませていて、全部出来上がった状態だったんですね。それこそ「LIBIDO」とか「超えてアバンチュール」のように当て書きみたいなことではなかったから、みんなで話し合いながら決めたんですけど本当にスムーズでした。

――取材をしている現段階ではまだ全曲配信にはなっていないのですが、8号車の皆さんの反応が楽しみなのはどの曲ですか?

カイ:僕は「凱歌」。こういう曲調はそもそも超特急の楽曲にはなかったので、まず新鮮だろうなと。しかもこんなにアツい曲のセンターがタクヤっていうのも、印象として意外だと思うんですよね。僕らはそういう部分もあるって知ってるけど、タクヤは外から見ると割とクールで、曲で言うと「Yell」のような優しい曲調のセンターになることが多かったと思うから。

――「凱歌」はタクヤさん自身の挙手だったんですか?

タクヤ

タクヤ:いや、ユーキが「いいんじゃない?」って言ってくれました。今カイも言ってくれたけど、「Yell」とか「Billion Beats」とか、優しめの曲のセンターが多かったから、超特急で、新しいこういうテイストの曲で、新しい自分を見せられるのは確かにいいなと。

リョウガ:ティザーは、筋肉掴み取っていくぞ! みたいな感じでね。

タカシ:「(歌いながら)Wow欲しいものを Wow掴み取れ」

タクヤ:イメージ映像だから、シュールさもあって面白いと思いますよ。僕はあくまでも真面目にやってるんだけど、見る人によっては「え? この曲で!?」みたいな(笑)。

リョウガ:そういうのが意外と超特急らしさに繋がるんだよね。

タクヤ:まぁ、クスッと笑ってくれればいいかなと(笑)。ただそのテンションでライブを見た時にはもう、ギャフンとね、言わせたいなと。

タカシ:笑っていられるのは今のうちっていう。それくらい今回のティザーは、曲の世界観の一部分でしかないと思いますよ。

超特急 「凱歌」 Teaser

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる