『JAPAN ONLINE FESTIVAL』が突き詰めたオンラインならではの表現 主催者とアーティストが共有したこのフェスが目指す姿

『JAPAN ONLINE FESTIVAL』が突き詰めたオンラインならではの表現 主催者とアーティストが共有したこのフェスが目指す姿

 11月6、7、8日の3日間、『JAPAN ONLINE FESTIVAL 2020』が開催された。

 ライブの開催が困難となった2020年、多くのアーティストや多くのイベント主催者がオンライン配信という形でイベントを開催した。その中でわれわれオーディエンスも、イベントを催す主催者や出演するアーティストも「オンラインライブは生で見るライブの代替にはならない」ことに気が付いたのではないだろうか。オンラインライブとリアルライブ、それぞれが全く異なる性質を持つ以上、どちらもどちらかの「代わり」にはならないのである。

 しかしそれは同時に「オンラインライブ」だからこその表現があることも示している。例えば、8月に開催されたサカナクションのオンラインライブは「オンラインだからこその表現」に挑み、成功した例と言えるだろう。オンラインでしか成せない表現を目指すことで、オンラインライブを新しいエンターテインメントに昇華し、ライブエンターテインメントの未来を創り出す。『JAPAN ONLINE FESTIVAL』の公式サイトに掲載されている開催概要にも、今回のオンラインフェスはそんな未来へ向けた施策だという旨が記されている。

 3日間開催された『JAPAN ONLINE FESTIVAL』、初日はsumikaやBiSH、マカロニえんぴつなどバラエティに富んだアーティストが出演し、フェス初日を華々しく飾った。2日目はVaundyやさユりなどのソロシンガーや、ずっと真夜中でいいのに。やindigo la Endなどのじっくりと“聴かせる”バンドが顔を揃える。3日目はKEYTALKやヤバイTシャツ屋さん、キュウソネコカミなど、普段ロッキング・オン企画制作のフェスでは大きなステージに登場するようなロックバンドたちがその貫禄を見せつけるステージを展開した。

Arrow
Arrow
sumika
ArrowArrow
Slider

 今回の『JAPAN ONLINE FESTIVAL』、特筆すべきはアーティストの背後に設置された超巨大LEDだろう。18m×7mの巨大スクリーンに映し出されるのは、アーティストが歌い奏でる楽曲の世界観をより強固にする映像の数々。思えば当フェスの主催であるロッキング・オンは近年『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『COUNTDOWN JAPAN』『JAPAN JAM』などのステージにも巨大なLEDを設置するなど、音楽とビジュアルの関係性を積極的に模索してきた。そんな音楽とビジュアルの関係が、通常のライブ以上に求められるオンラインライブだからこそ、今回のフェスでは巨大スクリーンの真価が発揮されたように思う。

フレデリック
フレデリック

 通常のライブであれば、それぞれの観客が様々なポイントに注目する。歌うボーカルに注目したり、演奏する楽器隊に注目したり、ステージ全体を俯瞰するように見たり、それぞれが好きなように注目するポイントを変えることが出来る。しかしオンラインライブはその性質上、自ずと視点がカメラに委ねられてしまう。そういう意味で通常のライブと比べてオンラインライブの自由度はグッと落ちてしまう。しかし今回の『JAPAN ONLINE FESTIVAL』は巨大LEDが設置されたことで、演者に寄った画でも引いた画でもLEDと演者、どちらも楽しめるようなステージになっていた。また映像とカメラワーク次第では、アーティストが全く別の場所で演奏しているように見えることも今回のフェスとLEDならではだ。通常よりも自由度の低いオンラインライブでも「自由に楽しめる」という音楽フェスの在り方を示した。

 オンラインライブならではの表現として印象深いのは初日に出演した四星球のステージだろう。「盛り上がっていないと配信されている映像がボケる」という彼ららしいユーモアの溢れた設定からライブがスタート。「映像がボケる」というネタは通常のライブでは当然出来ない設定であり、これもオンラインライブならではの表現だ。また、最終日のトリを飾ったキュウソネコカミは1曲目の「ビビった」で、まるで宙づりで演奏しているかのような映像のトリックを披露。曲名通り見ているオーディエンスの誰もが“ビビった”はずだ。フェス全体でなく、アーティストたちも積極的にオンラインライブという特殊な器を用いて「オンラインならでは」な表現に取り組んでいる様は、このフェスが目指す未来を主催者とアーティストがきちんと共有していることの証明にもなっている。

Arrow
Arrow
四星球
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる