松田聖子『SEIKO MATSUDA 2020』で振り返る“40年の軌跡と新たな魅力” 往年の名曲から今を象徴する新曲まで、深く味わう

松田聖子『SEIKO MATSUDA 2020』で振り返る“40年の軌跡と新たな魅力” 往年の名曲から今を象徴する新曲まで、深く味わう

 デビュー前の素朴なポートレイト、そして圧倒的なオーラを放つ現在の表情を並べたCDジャケットがまず印象に残る。1980年に「裸足の季節」でデビュー。以来、「夏の扉」「赤いスイートピー」「ガラスの林檎」から「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」まで数多くのヒット曲を送り出し、日本のポップス史を代表するシンガー/アーティストとして存在感を放ち続けている松田聖子。40周年を記念したアルバム『SEIKO MATSUDA 2020』には(ジャケットデザインが示唆しているように)彼女の輝かしいキャリアを象徴する楽曲の新バージョン、そしてアーティストとして深みを感じさせる新曲などが収められており、リリース後2日間オリコンデイリーチャートで1位を獲得し、現在もロングセールスを続けている。

 まずは簡単に松田聖子の軌跡を振り返っておきたい。「青い珊瑚礁」のヒットでブレイクした彼女は、デビュー2年目に財津和夫の作曲による「チェリーブラッサム」「夏の扉」によって、“ニューミュージック×歌謡曲”という新しいスタイルを確立した。

 さらに「白いパラソル」からは、作詞家・松本隆が参加。大瀧詠一、呉田軽穂(松任谷由実)、細野晴臣、Holland Rose(佐野元春)などの作曲陣による洗練された楽曲、そして、少女から大人の女性に変わっていく時期を繊細に捉えた歌詞により、さらに幅広いリスナーを獲得するに至った。80年代の松田聖子は“アイドル”という枠を超え、日本の音楽シーンの頂点に君臨する存在だったと言っていいだろう。

松田聖子 – 白いパラソル(Seiko Matsuda Concert Tour 2019 “Seiko’s Singles Collection” より)

 その後、アメリカ進出をきっかけにして、アーティストとしての才能を徐々に示してきた彼女。その最初のピークとも言える楽曲が1996年リリースの「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」。自身が作詞・作曲を手がけたこの曲は(約8年ぶりに)チャート1位を獲得し、ミリオンセラーを達成。キャリアのなかでも最大のヒット曲となった。

松田聖子 – あなたに逢いたくて~Missing You~(Seiko Matsuda Concert Tour 2019 “Seiko’s Singles Collection” より)

 優れたクリエイターとともに作り上げた煌びやかなアイドル像、そして90年代以降における自立した女性アーティストとしての存在感。その両方の要素をバランスよく込め、40年という歴史を描き出したのがニューアルバム『SEIKO MATSUDA 2020』だ。

 アルバムの1曲目を飾るのは「瑠璃色の地球 2020」。オリジナルは1986年に発表された。この曲は、地球で暮らす全ての人々が平和であることを願う壮大なバラード。コロナ禍により先が見えない状況のなか、“いまこそこの曲を届けたい”という思いでリテイクされたバージョンだ。松本隆が立ち上げた「『瑠璃色の地球』chorus〜みんなで瑠璃色の地球を歌おう」(神戸在住のアーティストを中心に、「瑠璃色の地球」を歌った動画をYouTubeにアップするプロジェクト)も話題を集めた。

瑠璃色の地球 2020 MV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる