BALLISTIK BOYZ 深堀未来、多方面に秀でた才能と甘いハイトーンボイス クリエイティブながら愛嬌も兼ね備えた存在に

BALLISTIK BOYZ 深堀未来、多方面に秀でた才能と甘いハイトーンボイス クリエイティブながら愛嬌も兼ね備えた存在に

 2019年5月22日、メンバー全員がマイクを持ち、アクロバティックなパフォーマンスを繰り広げる7マイク・フリースタイルグループ、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)がメジャーデビューを果たした。メンバーは、2017年に開催された『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~』のボーカル部門ファイナリストである日髙竜太、加納嘉将、ラップ部門のファイナリストである松井利樹、海沼流星。そして、2013年に開催されたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に合格し、次世代アーティストを育成する「PROJECT TARO」の一員として3年間のニューヨーク留学を経験した深堀未来、砂田将宏、奥田力也。メンバー全員が歌、ダンス、アクロバットを武器としており、Jr.EXILEの先輩達も脅威に感じたというほどハイスペックな7人の素顔とは? BALLISTIK BOYZのメンバー一人ひとりに焦点を当てる本連載の第5回目は、ボーカリスト・深堀未来について紹介していく。

深堀未来
深堀未来

 “MICKS”こと深堀未来は、1999年7月1日生まれで東京都出身。物心がつく前から「音楽が流れ始めると勝手に鏡の前に行って踊っていた」(引用:モデルプレス)という深堀が本格的にダンスに興味を持ったのは、4歳の時。両親の勧めでキッズダンススクールに入り、ヒップホップダンスを始めたのがきっかけだった。小学生の頃はプロ野球選手を目指して練習に打ち込んでいたり、空手をやっていた時期もあったそうだが、当時通っていたスクールの先生に勧められ、2009年、小学4年生の時にEXPG STUDIO東京校に入校。EXILEのツアーにキッズダンサーとして参加する中で、“アーティストとして大きなステージに立ちたい”という夢が膨らんでいったようだ。そして、2013年に開催されたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に合格すると、現メンバーの砂田や奥田とともに、次世代アーティストを育成する「PROJECT TARO」の一員として渡米。3年に渡る留学生活では、ニューヨークやロサンゼルスを拠点に、本場のダンスや歌、エンターテインメントに関わることを貪欲に学んでいった(参照:モデルプレス)。「親元を離れて生活していく中で、「日本だけでなく、世界も視野に入れて活動していけるようなアーティストになりたい」と目標が固まっていきました」(引用:ABEMA TIMES)と語っている。2017年、そんな決意を胸に帰国した彼を待っていたのが、LDHの先輩である5人組ヒップホップユニットDOBERMAN INFINITYと、EXILE HIROによる新グループの始動。深堀はその候補メンバーに選出され、武者修行の後にBALLISTIK BOYZとして念願のメジャーデビューを果たした。

 前述したように、主なダンスジャンルはヒップホップ。留学していた頃から、フリースタイルで即興で踊るよりも振付を作るほうが得意だったそうで、メンバーが自ら振付を手掛けるBALLISTIK BOYZではメインのコレオグラファーとして活躍している。デビュー曲「テンハネ -1000%-」や1stシングル曲「44RAIDERS」などで、共に振付を担当している奥田によると「基本的に振付は(深堀)未来と(砂田)将宏と僕の3人でベースを作るんですが、まずは楽曲を聴いたときのファーストインプレッションでこういう雰囲気にしようと話し合います」(引用:SPICE)とのこと。その上で3人が分担して振付を考え、そこに他のメンバーがアイデアを加えていくのが、BALLISTIK BOYZのスタイルのようだ。

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE / 「テンハネ -1000%-」 Music Video
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE / 「44RAIDERS」 Music Video

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる