BALLISTIK BOYZ 海沼流星、圧巻のオーラでグループをリードするラップ&ダンス 物静かながら独自の個性を発信する一面も

BALLISTIK BOYZ 海沼流星、圧巻のオーラでグループをリードするラップ&ダンス 物静かながら独自の個性を発信する一面も

 2019年5月22日、メンバー全員がマイクを持ち、アクロバティックなパフォーマンスを繰り広げる7マイク・フリースタイルグループ、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)がメジャーデビューを果たした。メンバーは、2017年に開催された『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~』のボーカル部門ファイナリストである日髙竜太、加納嘉将、ラップ部門のファイナリストである松井利樹、海沼流星。そして、2013年に開催されたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に合格し、次世代アーティストを育成する「PROJECT TARO」の一員として3年間のニューヨーク留学を経験した深堀未来、砂田将宏、奥田力也。メンバー全員が歌、ダンス、アクロバットを武器としており、Jr.EXILEの先輩達も脅威に感じたというほどハイスペックな7人の素顔とは? BALLISTIK BOYZのメンバー一人ひとりに焦点を当てる本連載の第3回目は、ラッパー・海沼流星について紹介していく。

海沼流星

 海沼流星は、1999年6月19日生まれで神奈川県出身。母親がブラジル人であるため、ポルトガル語も話せる海沼だが、実は神奈川県育ち。長期休みの度にブラジルに通いながら、日本国内でも幼少期からかなりアクティブに過ごしていたようだ。まず、小学1年生から6年生まではサッカーに夢中になり、東京ヴェルディの下部組織でプレー。その他にもテニス、バドミントン、免許を必要とする本格的なゴーカートなどに挑戦してきたとのこと(参照:サッカーキング)。そこには父親の「いろいろなことに挑戦して視野を広げてほしい」という想いがあったようだ。その後、中学生になると「人前で喋ることがあまり好きじゃなかったっていうのもあって、自分の体で表現したいなって思ったのと、単純に“かっこいいな”と思ったことが理由」(引用:モデルプレス)でダンスに興味を持つように。2015年からはEXPG STUDIO大宮校に通い始め、学校では「もっと瞬発力をつけてダンスに生かしたいと思って陸上部に入りました」(引用:サッカーキング)と語っている。足の速さには自信があるようで、小中高とリレーのアンカーを務めていたそうだ。

 一方で、EXPGに入ってから習い始めたというラップに関しては、「『EXPG STUDIO』に入ってから、アーティストになるってことはやっぱり難しいことなんだなって身をもって感じていた」(引用:モデルプレス)そうで、なかなか自分のパフォーマンスに自信を持てなかったという。それでも日々の努力が実り、2017年にはEXPG STUDIOの生徒の中からEXPG Labに選抜。同年、現メンバーの日髙竜太・松井利樹と共に、EXPG Lab(独自の育成プログラムを通じ、さらなるパフォーマンス向上・軸となるべき人材として成長、活動をしていく場)内の選抜グループ・Crasher kidzの一員となり、イベントなどで活躍の幅を広げていった。そして、そこに廻ってきたのが、FANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANTASTICS)のボーカルを選ぶ『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5』というチャンス。不安や葛藤を抱えながらも、高校生の頃から憧れていた“アーティストになる夢”を叶えるべく思い切って挑戦した結果、ラップ部門のファイナリストとなった。FANTASTICSにこそ選ばれなかったが、BALLISTIK BOYZという新たな道が切り開かれた瞬間だった。

 主なダンスジャンルは、ロックダンスとヒップホップ。以前からやっていたというロックダンスは、体の各部に鍵をかけた(ロックした)ように、瞬時に体をピタッと止める動きが特徴。ヒップホップダンスはEXPG STUDIOに入ってから始めたそうだ(参照:BALLISTIK BOYZが語る、EXILE TRIBEの一員としての覚悟 「新しい時代をリードしていく」)。オーディション時のキャッチフレーズが「Shooting“Acrobatic”Star」だったように、アクロバットも特技としている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる