豆柴の大群 ミユキエンジェルが語る、急速に縮まったクロちゃんとの距離 「私は人間面で好きになってもらおうと思った」

豆柴の大群 ミユキエンジェルが語る、急速に縮まったクロちゃんとの距離 「私は人間面で好きになってもらおうと思った」

 豆柴の大群(以下、豆柴)のミユキエンジェルは、グループきってのムードメーカーだ。

 「MONSTER IDOL」の合宿で泣いてばかりいたミユキは、豆柴のYouTubeチャンネルでその本領を発揮させる。「巨大シャボン玉に入る」といった企画出しや率先しての進行役を行っているほか、ラストの「チャンネル登録お願いします」を呼びかけているのもミユキだ。特に、クロちゃんと披露した息のあったコンビネタは、メンバーをも驚かせ爆笑をさらった。さらに、『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)内の箱番組「豆柴LOCKS!」でミユキが流行らせようと多様してきた「ぴえんじぇる」は、先日発売を開始したLINEスタンプの看板スタンプに。一方で、高いパフォーマンス能力と、あのクロちゃんに「変な声」と認めさせる歌声は、豆柴に欠かせない一つのカラーとなっている。

 リアルサウンドでは5週にわたり、豆柴メンバーのインタビューを掲載。明日11月8日で20歳を迎えるミユキには「MONSTER IDOL」時に仕舞い込んでいた本音やクロちゃんとのコンビ芸の真相、ソロデビューも夢じゃない癖のあるボーカルについて聞いた。(渡辺彰浩)※9月中旬に取材

クロちゃんの推しはミユキエンジェル?

――ミユキさんは、YouTubeでの企画を観て「MONSTER IDOL」のオンエアと一番ギャップのあるメンバーでした。テレビの編集の仕方もあるのかと思いますが、オーディションの期間を振り返っていかがでしたか?

ミユキエンジェル:人生を懸けなきゃいけない期間で、本当に落ちたくなかったんですよ。でも、何をしたらいいかわからないし、選ぶのがクロちゃんだったので、最初から「僕に好かれなきゃいけないんだよ」っていう感じを出してたじゃないですか。みんな「好きです」って言ってて、私はそれを言いたくなくて。だって、恋愛で好きじゃないから。だから、私は人間面で好きになってもらおうと思って、ご飯の時に喋ったり。個人面談とか何かを伝えないといけない時になると、本当に言葉が出なくなっちゃって真っ白になっちゃうんですよ。毎日泣いてましたね。すごくつらかった記憶があります。だいたい覚えてないんですけど。

――引っ込み思案なんですか?

ミユキ:初対面だと人見知りしちゃいます。でも、何分か経てば大丈夫だったりするんですよ。人との関わり方がそんなにわからないっていうか。喋りづらかったです。

――それがオーディションの時に出てしまった。

ミユキ:周りが知らない人だから。喋ったのがアイカ(アイカ・ザ・スパイ)ぐらいで。それ以外は誰とも喋ってないし。だから怖かったのが出ちゃいました。

ミユキエンジェル

――クロちゃんからは「いいムードメーカーになっていた」という言葉もありましたよね。

ミユキ:そうですね。合格発表の時もクロちゃんに「ミユキはムードメーカーだから」って言われて、それでちゃんとわかってくれてたんだな、伝わってたんだなっていうのが嬉しかったです。当時も、今も。

――一方で「泣き虫」とも言われていましたが。

ミユキ:そうなんですよね。言葉にできないのが悔しくて。なんでだろうってことで泣いちゃいました。豆柴になってからも最初の方はずっと泣いてたんです。上手くいかなくて。でも、最近は強くなりました。

――もう泣いてないと。

ミユキ:泣いてないです! 今も泣きそうだけど泣いてないです。我慢できるようになりました。

――実は、最近泣いたのは……?

ミユキ:水着になるって決まった時に泣きました。収録では泣かない、カメラの前では絶対に泣かないって思ってて、終わった瞬間に……。

――野球拳の時ですね……。クロちゃんは「根性がある」とも褒めてくれていましたよね。

ミユキ:やらなきゃいけないことは全力でやるっていうのは自分の中で決めていて。だからですかね。

――だからこそ合格できた。

ミユキ:絶対受かりたいと思って。自分でアピールできることを探してそれを諦めずにやっていました。クロちゃんがナオ(ナオ・オブ・ナオ)とかカエデ(カエデフェニックス)にデレデレしているのはバレバレだったじゃないですか。オンエアを観ても裏でもバレバレで、私好かれてないんだと思って。それはハナエ(ハナエモンスター)も同じで。どうしたらいいだろうって。だからパフォーマンスとかコミュニケーションで見せるしかないなっていうので、諦めずに続けました。

――オーディションの頃と比べると、ミユキさんは特にクロちゃんとの距離が縮まっているように感じます。

ミユキ:「MONSTER IDOL」ではカメラが止まってもずっと喋ってて、オーディションが終わってからはLINEを交換したんですよ。そこでめちゃくちゃ話すようになりましたね。距離が縮まりました。

ミユキエンジェル

――YouTubeではクロちゃんと度々ギャグを披露していますが。

ミユキ:急だったんですよ! 呼び出されてネタ合わせさせられて、「やるよ?」って言われて披露して。そこから会う度にネタの打ち合わせを急にさせられるんです。「いいの出来たよ。ウケるやつ持ってきたよ。やるよ!」とか言って。ネタの打ち合わせをこっそりして披露して。

――最初披露したのはクロちゃんを落とし穴に落とす企画の時でしたが、あれはどういった流れで?

ミユキ:私たちが落とし穴のセッティングをしている時に、クロちゃんをバスに閉じ込めないといけない時間があって。その時に私がクロちゃんのお世話係ってことで、ほかのメンバーがセッティングしている最中に「ネタ合わせする? 時間あるし」みたいな感じで言われて。

――クロちゃん主導だったんですね。

ミユキ:そうです。私は何も言ってない。急に!

――野球拳の時は?

ミユキ:「どうぞ、どうぞ、どうぞ、どうぞ、はい! 仏像! 銅像じゃないんかーい!」も、急に呼び出されて打ち合わせをして披露しました。

――ミユキさんとしてはそれぞれのネタの出来は?

ミユキ:銅像はテンポが良くて、いいネタだなって。(落とし穴で披露した)「うーん、キュート!」はよくわかんないってなるじゃないですか。でも、銅像はテンポ感、ネタとしてはわかりやすくて、ウケるなって思います。ほかのやつはスベっちゃうんですよね。

――このまま第3弾も。

ミユキ:だんだん披露されると。

――2人を見ていて、クロちゃんの推しは実はミユキさんなんじゃないかとも感じるのですが。

ミユキ:え、そうなんですか? わかんないですけど。それは感じないですね。でも、話しやすいとはめちゃくちゃ言われます。

――生理的には大丈夫?

ミユキ:全然大丈夫です。なんとも思ってないんで。女性を見る目はマジで気持ち悪いので、そういうところは生理的に受け付けないんですけど。でも、普段は全然好きだし、面白い芸人さんだなと思ってます。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる