GENERATIONS、特別演出で見せた“挑戦を続ける意志” PKCZ®も登場した『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』2日目

GENERATIONS、特別演出で見せた“挑戦を続ける意志” PKCZ®も登場した『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』2日目

 10月30日・31日に、配信ライブ『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』が行われた。本ライブは、LDHの新たなエンタテインメントとして、オンラインに特化した演出や臨場感あふれる映像でクリエイトした有料配信ライブ。今回は、ハロウィンにちなんだ演出などが散りばめられた一夜限りのライブとなっている。30日には、Jr.EXILE世代のアーティスト、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS from EXILE TRIBE、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEがグループの垣根を越えたコラボレーションやコスプレ企画など、趣向を凝らしたライブで視聴者を楽しませた。そして31日には、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)が登場した。

 1人の少女がハロウィンの夜を歩く映像から始まり、気づくとライブ会場へと切り替わっていく。ハロウィンを彷彿とさせる衣装に身を包んだダンサーたちをくぐり抜けると、仮面を被ったメンバーが登場。1人ずつ仮面を外していき、「PIERROT」からライブがスタートした。そのまま「Sing it Loud」へと続き、パフォーマー・白濱亜嵐がDJとしてアレンジしたバージョンを披露した。

 その勢いはさらに加速し、「BIG CITY RODEO」「Y.M.C.A.」と続く。バックスクリーンにファンが映し出され、ボーカル・数原龍友が「最高のハロウィンにしましょう!」と言う通り、ファンにとって忘れられないこの日限りのパフォーマンスとなった。続く「EXPerience Greatness」でもそのテンションのまま軽やかに歌い、踊りきった。

 ガラッと雰囲気が変わると、佐野玲於がゾンビを倒していく。カメラにパイプの煙を吹きかけると関口メンディーが登場し、小森隼、白濱亜嵐、中務裕太、数原龍友、片寄涼太と続々メンバーが集まり、「Gimme!」「LOADSTAR」「Make You Mine」をパフォーマンス。これらは過去のライブ演出を再現したもので、これまでにGENERATIONSのライブへ行ったことがあるファンにとっては懐かしさも感じられただろう。

 バックスクリーンにビーチや空の映像が映し出されると、片寄が声優を務めた劇場アニメ『きみと、波にのれたら』の世界観に包まれながら「Brand New Story」を披露した。続く「My Only Love」では、中務と女性が手を繋ぎ歩き出すも突然女性がいなくなってしまうアクトシーンからスタート。そのまま披露した「何もかもがせつない」では、それぞれが鏡に映る自身と向き合う演出で楽曲の世界観を表現した。この2曲は、新しい振り付けでのパフォーマンスだという。

 ここで、EXILE MAKIDAI、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMAからなるクリエイティブユニットPKCZ®がサプライズ登場。ALANも加わり、プレイを披露した。まるでクラブにいるかのような雰囲気の中、オリジナルでデザインしたという衣装に身を包んだGENERATIONSが「心声」「Organ Donor ~OFF DA HOOK~」「ROAM AROUND」と、駆け抜けるようにパフォーマンスしていく。メンディーがマイクを持ち、自身が所属するHONEST BOYZ®の楽曲「TOKYO DIP」「要!」をPKCZ®と佐野とともに披露。HONEST BOYZ®は、EXILE NAOTO、NIGO®、VERBAL、SWAY(DOBERMAN INFINITY、劇団EXILE )によるヒップホップユニットだ。

 GENERATIONSにバトンタッチし、これまでのツアーのタイトル曲「A New Chronicle」「MAD CYCLONE」「UNITED JOURNEY」を披露。小森、中務は得意のアクロバットを中心に、メンディーはステップを盛り込み踊りきった。最後に、彼らの代表曲ともいえる「AGEHA」でPKCZ®とのスペシャルコラボパフォーマンスが終了した。

 後半戦は、ボーカルがそれぞれソロ楽曲を披露していく。数原は椅子に腰掛けてしっとりと自身が作詞を手掛けたバラード曲「NEXT」をアコースティックアレンジで歌い上げたが、片寄は相反するようにダンサンブルな楽曲「PSYCHIC MAGIC」をパフォーマンス。GENERATIONSでは見られない2人の姿は、グループとしての可能性をさらに広げてくれそうだ。

 続いてはパフォーマーによるダンスコーナー。小森は、足さばきが特徴のシカゴフットワークをポップに踊りきった。中務は女性ダンサー2人を従えて得意のポッピンとロックダンスを披露。佐野、メンディーはそれぞれクランプダンスで力強さを見せつけていく。白濱はヒップホップや手の動きで見せていくタットを盛り込み、軽快に踊ってみせた。最後にパフォーマー5人が集合すると、息することを忘れてしまうほどの勢いで迫力満点のルーティンを踊りきった。

 過去のライブで披露した演出を再現するように「Love You More」では、女性ダンサーとのペアダンスを見せた。甘い雰囲気のまま披露したのはYouTubeでミュージックビデオが1100万回再生を超える人気楽曲「One in a Million -奇跡の夜に-」。ミュージックビデオで見せた1カットの手法をステージでそのまま表現し、ミュージックビデオに出演していた女優の見上愛も登場してファンを驚かせた。

 さっきまでの雰囲気から一変、「ヒラヒラ」では炎が上がる演出でさらにライブを盛り上げていく。続いて披露した「I Believe In Miracles」はJackson Sistersによる名曲だ。ディスコへと様変わりしたステージには、メンバーだけでなく、PKCZ®、GENERATIONS SUPPORT DANCERS、GENERATIONS ACROBAT TEAM、PHYCHIC FEVERも登場。被り物をしたメンバーの姿もあり、ハロウィンならではの盛り上がりを見せていった。

 「DREAMERS」「Evergreen」と、GENERATIONSらしい前向きで爽やかな楽曲でライブ本編が終了した。数原は「たくさんコメント送ってください! 自分たちもあとでチェックしますから!」とファンに呼びかけた。続けて「『LIVE×ONLINE』はまだまだ終わりません! この後もぜひご覧ください!」と匂わせ発言も飛び出し、メンバーはステージを後にした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる