NiziUのリーダー MAKO、メンバーの架け橋 RIO、安心感与えるMAYA……グループに欠かせない年長メンバー

 ソニーミュージックとJYPエンターテインメントによる、日韓合同オーディションプロジェクト『Nizi Project』から誕生したグローバルガールズグループ・NiziU。プレデビュー曲「Make you happy」は、2020年10月19日付のBillboard JAPANストリーミングソングチャート「Streaming Songs」にて累計再生回数が1億回を突破、JYPエンターテインメントのYouTubeチャンネルで公開されている同曲のMV再生回数は1.4億回超と快挙を達成している。

NiziU『Step and a step』
NiziU『Step and a step』

 そんな全世界が注目するNiziUはついに、12月2日にリリースされる『Step and a step』で正式なデビューを果たす。9人のメンバーは日々進化を遂げているが、デビュー前に改めてその魅力を年代別に分けて紹介したい。まずは年長組のMAKO、RIO、MAYAだ。

 2001年生まれの最年長、MAKOは『Nizi Project』の地域予選からダンス・歌声ともに飛び抜けた実力を放っていた。2017年に行われたJYPの公開オーディションに合格し、見事JYPの練習生に選ばれた後、弱冠16歳で単身渡韓。練習生だった頃から誰よりも“努力家”として知られていたMAKOは、地域予選でプロデューサーのJ.Y. Parkから「2年という時間本当に誠実に練習したみたいです」とお墨付きをもらってもなお、オーディション中に一切手を抜くことはなかった。中学2年生の頃からつけている“To Do Listノート”には毎日練習内容や課題と今後の目標を記載し、客観的に己の実力と向き合っていたMAKO。東京合宿・韓国合宿において彼女が披露したパフォーマンス力に、他の候補生やダンストレーナーまでもが圧巻されていた様子が印象的だった。これだけ高い技術力を持っていながら、少しも驕ることがないMAKO。ミッションのチームリーダーに任命されるとメンバーの練習に付き添い、常に前向きな言葉をかけ続けた。Huluで配信されている『NiziU 9 Nizi Stories』の第1話(MAKO編)では、誰もが彼女のことを「頼れるリーダー」「絶対的なリーダー」と称している。

 2002年生まれのRIOも、MAKOと並ぶ実力の持ち主。彼女もまた中学2年生からEXPG STUDIOのトップチームに所属し、青春時代を夢に捧げていた。のちにアドリブだったことが明かされた地域予選でのダンスは自信に溢れ、技術はもちろんのこと、表現の豊かさに誰もが見惚れただろう。けれどオーディション中、彼女はJ.Y. Parkから期待されるが故になかなか褒め言葉をもらうことはできなかった。プロのダンサーレベルに見える実力を披露するも、J.Y. Parkからは「歌手はダンサーに見えてはいけません」と厳しい言葉が。それでも真摯にアドバイスを受けとめ、すぐさま観客と心を通わすパフォーマンスへと努力の方向性をシフトしたRIO。韓国合宿では新たに歌の技術面での問題が持ち上がり、自信が持てず涙する場面も。普段は明るい彼女が見せた不安げな表情にメンバーは驚きつつも、RIOの歌の練習に寄り添い、代わりにRIOはダンスを教えた。『NiziU 9 Nizi Stories』の第2話(RIO編)でMAKOが「意外とリオが年下説ある」と言っていたように、RIOは実力とストイックさを兼ね備えていながら、近寄りがたい雰囲気はなく、親しみやすさも持ち合わせている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる