fripSide、下野紘、Night Ravens、TRUE……今夜放送の第2回『オダイバ!!超次元音楽祭』、見逃せない注目ポイントは?

 今年1月3日に放送されて大反響を呼んだ、『オダイバ!!超次元音楽祭』の第2回『オダイバ!!超次元音楽祭 -2020無観客でも心はひとつ!!編』(フジテレビ)が10月6日に放送される。第1回には水樹奈々、宮野真守などレジェンド級の声優アーティストを始め、藍井エイル、ClariS、やなぎなぎ、GRANRODEOの他、平野綾、小倉唯、花澤香菜、水瀬いのり、蒼井翔太などの人気声優が多数出演し、地上波としては唯一無二とも言えるラインナップが話題を集めた。第2回は前回よりさらにマニアックで見逃せないラインナップとなっている。

angela、fripSideーー2大アニソンユニットが登場

fripSide
fripSide『dual existence』

 第2回となる今回の目玉の一つは、angelaとfripSideという2組の男女ユニットの出演だ。声優としても活躍する南條愛乃がボーカルを務めるfripSideは、『とある科学の超電磁砲S』前期オープニングテーマ「sister’s noise」(2013年)がオリコン1位を獲得するなどアニソンシーンを牽引してきた存在。南條は『ラブライブ!』シリーズのユニット・μ’sのメンバーとしても活躍。コンポーザーの八木沼悟志による、シンセサウンドとキャッチーなメロディに乗せた、透明感のある真っ直ぐな歌声は聴き応えがある。

 一方angelaは、『K』、『シドニアの騎士』、『蒼穹のファフナー』などの人気シリーズの楽曲を多数手がける、結成27年の大ベテラン。楽曲はどれも聴く者の胸を熱くさせ、ライブでは毎回大合唱が会場に響き渡る。ライブで培った客席との一体感みなぎるステージングも醍醐味の一つだ。また、ボーカルのatsukoとギター/アレンジ/キーボードのKATSUによるユーモア溢れるライブMCも人気で、MC集が作られたほど。日本最大級のアニソンイベント『Animelo Summer Live』でトリを務めた経験を持つ2組のステージは、スマホをペンライト代わりにして自宅でも盛り上がれること間違いなしだ。

 前回はミュージカル『刀剣乱舞』のユニット・刀剣男士が話題を集めたが、今回も注目の男性ユニットが登場する。人気の男性声優と2.5次元俳優12人がディズニーの名曲を歌う人気コンテンツ『Disney 声の王子様 Voice Stars』からは選抜6名が出演し、ディズニーの映像をバックに、誰もが知っている名曲をイケボで披露するそうだ。『ドラえもん』のジャイアン役や『ヒプノシスマイク』の山田一郎役でも知られる木村昴の、意外なほどの美声も聴きどころだ。また、現在大人気のスマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のオープニングテーマ「Piece of my world」でデビューしたユニット・Night Ravensが地上波に初登場する。彼らが表現する怪しくも格好いいダークファンタジーの世界と、この日のための特別映像はファン必見だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる