つばきファクトリー 山岸理子と岸本ゆめのが明かす、前進続けるグループが目指す先「アイドル界でのポジションを確立したい」

つばきファクトリー 山岸理子と岸本ゆめのが明かす、前進続けるグループが目指す先「アイドル界でのポジションを確立したい」

 2015年にハロプロ研修生ユニットとしてスタートしたつばきファクトリーは、メジャーデビューこそ結成から2年を要したものの、その年の『日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞するなど着実に結果を残してきたグループだ。個性の強いメンバーが多いハロー!プロジェクト所属グループの中では比較的落ち着いた印象に見られがちな面も持ち合わせるが、「低温火傷」や「意識高い乙女のジレンマ」などに代表されるハイクオリティな楽曲群は、グループのファンのみならず一般の音楽ファンからも高い評価を得ている。また、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったとはいえ、今年春にはグループ初となる単独ホールツアーも予定されていた。9人の少女たちは、確実に前進を続けている。

 リアルサウンドでは、9月30日にニューシングル『断捨ISM/イマナンジ?』をリリースしたつばきファクトリーのメンバーに初の単独インタビュー。山岸理子と岸本ゆめのの2人に、グループの魅力や目指す方向性などについて話してもらった。(ナカニシキュウ)

「理子ちゃんがリーダーで本当によかった」

ーーこの記事で初めてつばきファクトリーに触れる読者もいると思いますので、どんなグループなのかを知ってもらえるインタビューにしたいと思っています。まず、リーダーの山岸さんがどんな人なのか、岸本さんからご紹介いただけますか?

岸本:山岸理子はリーダーであると同時に、グループの雰囲気を作ってくれている人です。女性らしくておっとりしたイメージの理子ちゃんがリーダーだから、おしとやかなつばきファクトリーでいられるのかなって(笑)。

山岸:喋り方とか、見た目もおっとりしてるねってよく言われます(笑)。

岸本:ですけど、パフォーマンスになると表情がガラッと変わるんです。最近だと『Hello! Project presents…「ソロフェス!」』で、家から持参した椅子を使ってすごくセクシーなダンスを披露したりとか、ギャップがすごくて。イメージとしては、普段は会社で物静かに仕事をこなしているのに、同僚から「山岸さんってプライベートは全然そんな感じじゃないらしいよ」と噂されるOLさん、みたいな感じですね(笑)。

ーーなるほど(笑)。逆に、山岸さんから見た岸本さんは?

山岸:岸本ゆめのちゃんは、私があまりメンバーにガツガツ言えない分、代わりに言ってくれるので、すごいなーって尊敬しています。陰のリーダーというか、支えてくれる人ですね。楽屋でも、たくさんギャグをやってみんなを笑わせてくれたり。

岸本:みんな笑ってないですけどね。今、笑ってることにしてくれましたけど(笑)。

山岸:(笑)。でも、一緒にいるだけで笑顔になれるような、明るい人だなって思います。

ーーでは、お互いにダメ出しをするとしたら?

岸本:ダメ出しですか……。

山岸:えー、難しいな。

岸本:理子ちゃんは、飽きっぽいのかな。好奇心が旺盛なこと自体はすごくいいと思うんですけど、すぐいろんなものに手を出すわりに、それが続いているという話をあまり聞いたことがない(笑)。最近だと、屋台でよくあるスーパーボールすくいをおうちでやってました。水を張った桶にスーパーボールを入れて、すくうためのポイもわざわざ買ってたんですけど、まだやってるのかな? それと、本もよく買うんです。“大人としての常識”とか“レディの振る舞い”みたいな本をよく買ってくるんですけど、「ホントに読んでるの?」って(笑)。どうなってるのか、気になってます。

ーーどうなってるんですか?

山岸:三日坊主ですね(笑)。本は買ったら満足しちゃって読んでないし、スーパーボールは甥っ子にあげました。でも、ゆめのちゃんもけっこう熱しやすく冷めやすいところがあって。

岸本:確かに(笑)。

山岸:だから、けっこう似たもの同士だと思います(笑)。

(左から)山岸理子、岸本ゆめの

ーーなるほど。そんな山岸さんですが、リーダーとしてはどんな意識で務めてらっしゃるんでしょうか。

山岸:まずグループ全体を見る、1人ずつをちゃんと見てあげることが大事なのかなと思っていて。自分が引っ張っていく感じではないので、誰かが落ち込んでいたら励ますような人でありたいなと思います。リーダーと一口に言っても、元モーニング娘。の中澤裕子さんみたいにグイグイ引っ張るタイプもいれば、元Berryz工房の清水佐紀さんのように見守るタイプもいますよね。人それぞれやり方は違うんだっていうことをハロー!プロジェクトの歴代リーダーから学びました。ハローの現リーダーである譜久村聖(モーニング娘。’20)さんも「自分らしくやるのが一番だよ」と言ってくださったので、その言葉を励みにがんばっています。

岸本:仮に私がリーダーを任されていたら、絶対につばきファクトリーは崩壊してたんですよ。

ーーそんなことはないと思いますけど(笑)。

岸本:私は思ったことをすぐに言っちゃうタイプで、そこが本当に悪いところだと思うんです。理子ちゃんは自分の気持ちを1回置いといて、一歩引いてグループ全体のことを考えることができる人で、そういうところがすごく大人だなって。理子ちゃんがリーダーで本当によかったなと思います。

ーーでも、パッと見は岸本さんのほうがリーダーっぽいというか。

岸本:体育会系なんですよね(笑)。

ーーそういうタイプじゃない山岸さんがリーダーだからこそ、今のつばきが持つ独特の空気感が形成されたと。

岸本:はい、そう思います。

ーーお2人がパフォーマンス面で気をつけていること、「ここを見てほしい」と思っていることを教えてください。

山岸:私はもうすぐ22歳になるので、「もっと大人っぽく」と。振る舞いとか、髪のさばきひとつを取っても大人っぽく見えるよう意識しています。

ーー椅子を持ち込んだりして。

山岸:そうですね(笑)。

岸本:理子ちゃんはリーダーとしてグループのカラーを作ってくれる人ではあるんですけど、パフォーマンスとなると、必ずしも“つばきらしさ”の象徴ではないんですよ。つばきらしさを体現してくれるメンバーは、小片リサちゃんや浅倉樹々ちゃんなど、ほかにいるので。山岸理子は山岸理子として、ほわほわしているイメージはあるんですけど、一本芯が通っていることが伝わってくるパフォーマンスだと思います。

山岸:ダンスは好きなので。4歳の頃から習っていますし、とくにがんばろうと思っています。

ーー岸本さんが気をつけていることは?

岸本:私が意識しているのは、「誰かのモノマネにならないように」ということですね。研修生の頃なんかは本当に先輩のマネばっかりしていましたし、歌モノマネとかも好きなので。でも、岸本ゆめのとして歌わなきゃ意味がないなと。それに加えて、これは本当に最近できた目標なんですけど、自分の色を出しすぎてもつばきファクトリーのカラーには合わない部分があるので、その切り替えというか、どっちも持ってなきゃいけないと考えています。自分らしさは保ちつつ、グループにもしっかりなじむようなパフォーマンスができるように。

ーーめちゃくちゃ難しいところに目標を置いているんですね。ちなみに、ご自分とつばきファクトリーの“合わない部分”というのはどういうところなんでしょうか。

岸本:“可憐さ”の部分ですね。5年前の結成時から、よく「きしもんはこぶしファクトリーっぽいよね」と言われたり、今だと「アンジュルムにいそうだよね」って言われることが多くて。レコーディングのときも、“切ない乙女心”系の曲はスムーズにいかないことが多いですし、克服しなきゃいけない分野だと思っています。

山岸:全然できてると思うんですけど。私、ゆめのちゃんの声がすごく好きなので、できあがった音源を聴くと毎回「すごくいいな」って思います。

岸本:ええー? じゃあ、それもひとつのご意見として、ありがたく頂戴しつつ(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる