天月-あまつき-、“歌い手の原点”と“10年の軌跡”感じさせた特別な2日間 5万人と分かち合った幕張メッセ無観客生配信ライブ

天月-あまつき-、“歌い手の原点”と“10年の軌跡”感じさせた特別な2日間 5万人と分かち合った幕張メッセ無観客生配信ライブ

 8月29日、30日、幕張メッセで天月-あまつき-による無観客生配信ライブ『10th Anniversary Live Final!! ~Love&Pop/Rock&Cool~』が開催された。

 天月-あまつき-(以下、天月)の活動10周年記念のラストを飾るこのライブは、もともと4月に開催予定だったものが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期に。その延期公演も状況を鑑みて中止となったが、「ファンに届けたい」という天月自身の思いで実現したのが、今回の無観客ライブだ。

 ライブは、スポットライトの下、ぽつんと立った天月が、アコースティックギターで「Dear Moon」を弾き語りするシーンから始まった。周囲も明るくなると、天月の立つ無人の会場の広さが際立つ。

 ギターを下ろして、「やっぱりダメだ……」と肩を落とす天月。そこに「なに冒頭からネガティブなこと言ってんだよ!」と喝が入る。呼びかけたのは、画面に映る天月のマスコットキャラクターの正宗ーーの親戚「マサえもん」だ。

 「今君の姿は日本中の人に配信されてるんだよ!」と気合を入れるマサえもんに、「本当は今日ここでライブする予定だったんだけどさ、誰も来てくれなかったんだ」とこぼす天月。「スタートは同じだったんでしょ。誰もいない場所で1人で歌ったところから、天月は始まったんだよね。今日みんなが来なかったのは、この10年で天月がどれだけ成長したか見てやろうってことなんじゃないかなあ」と背中を押すようなマサえもんの言葉に、「自分の成長した姿を証明してみせる」と天月も顔を上げる。

 ステージ上に画面が移り、紺と臙脂のバイカラーのジャケット姿の天月が登場。

 1日目「Love&Pop」と2日目「Rock&Cool」で明確にコンセプトが分かれているこのライブ。初日のオープニングを飾る「かいしんのいちげき!」は、「Love&Pop」にふさわしい、初々しい恋模様を描いた天月の代表曲だ。ホーンセクションの突き上げるような音色が、もともとの明るい曲調をさらに元気いっぱいに響かせる。ダンサーとお揃いのストライプの衣装をひらめかせながら軽快にステップを踏む天月。途中、ダンサーたちと戯れる「だるまさんがころんだ」のような振りもあって、遊び心もいっぱいだ。

 2曲目の「恋に溺れて」に続くのは、8月28日にMVが公開されたばかりの新曲「ライフ イズ ビューティフル」。少しアンニュイな雰囲気から始まって、サビで爽やかにはじけていくような曲で、共作したnqrseによるラップパートが小気味よいアクセントになっている。

 MCタイムに入り、天月はステージに用意されたタブレットからコメントをチェック。視聴者が投稿した「ペンライト振っています」、「仕事の疲れがふっとんだ」などのコメントを読み上げた。

 「僕だけ楽しくても仕方ないからさ、見ているみんなで楽しもうぜ!」と始まるのは、「小さな恋のうた」だ。通常のライブのように、「歌って!」と画面越しにコールを呼びかける。

 「きみだけは。」「ホシアイ」とバンドメンバー紹介の転換を挟み、再び登場した天月は、パーカーにジャンパー、スニーカーというストリート風ファッションにチェンジ。ペンライト片手に歌う「月曜日の憂鬱」は、「ずっきゅん!」というフレーズに合わせて飛び跳ねてみせる姿がとびきりキュートだ。

 カラフルなエアチューブがステージの奥で揺れる「Sing!Swim!Swing!」「カラフルタッグチーム」「ファンサ」とテンポよく続き、再びMCへ。

 今回の無観客ライブに至った経緯を説明し、「僕は配信者から始めて、もともとみんなの顔が見えないところから始めたから、こういうふうになっても、聴いてくれるみんながいるって信じられる。それでもお客さんが目の前にいなくて、僕が言ったことに対してリアルに声が返ってこないのは寂しいですね。その分コメントを書いてくれるのがありがたいし、普段のライブのありがたさを感じる」と語った。

 そのあとに披露された「キミトボク」、そして「Letters to me」は象徴的だった。スモークの中、自らキーボードを演奏した「キミトボク」では〈そっと1人きり震える手で/クリックした「投稿」ボタン/流れ星のように闇夜を彷徨って/見つけてくれるのを待ってたんだ〉。4月時の開催のために作っていた「Letters to me」では、画面上に活動を始めてから発表されたCDのアートワークや年月の経過が数字で表記される演出の中、〈誰かのため 歌うことで/自分を好きになれる日がくるよ〉と、詞で今までの軌跡をたどっていく。

 その後、10年を振り返る映像が流れる。過去のライブ映像などを交えながら、ナレーションの中で、「僕らの旅はまだまだ続く。一緒にまた楽しんでくれたらいいな」と出会ってきたリスナーへの感謝を述べ、星と月があしらわれた衣装をまとった天月は「さあラストスパート! 行こうぜ幕張!」と「流れ星」とバンドアレンジバージョンの「Dear Moon」を歌い上げ、本編を締めくくった。

 天月がステージから去ったあとに流れるのは、ライブ前のメイキング映像。ナレーションの中で、活動を通して出会った人々、そしてリスナーに対して「みんな本当にありがとう。それと、次の10年も同じ時間を共有できますように」と告げた。

 アンコールで再び登場し、「恋人募集中(仮)」と「きっと愛って」を歌い上げる。そのあと、「Love&Popは次の曲で終了となります!」と言ってから、すでに初日の曲を歌いきっていることに気づいて慌てる天然な姿で周りを笑わせて、1日目は終幕となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる