STU48 今村美月&瀧野由美子&石田千穂&薮下 楓&立仙百佳&高雄さやかが語る、グループが迎える新たな展開

STU48 今村美月&瀧野由美子&石田千穂&薮下 楓&立仙百佳&高雄さやかが語る、グループが迎える新たな展開

 STU48が、5thシングル『思い出せる恋をしよう』を9月2日にリリースした。今作は、新型コロナウイルスの影響でリリースが延期になったものの、1期生・ドラフト3期生ver、2期研究生verのストーリーをリンクさせたこれまでにないMVも公開されている。

 今回は、1期生より今村美月、瀧野由美子、石田千穂、薮下 楓、2期研究生より立仙百佳、高雄さやかにインタビュー。新曲に加え、新たな試みとなったMVのエピソード、船上劇場での定期公演が来春に終了するなど、立仙、高雄を加えたこれからのSTU48の活動について聞いた。(編集部)

STU48では珍しく両想いの曲 

ーー5thシングル『思い出せる恋をしよう』は一度発表になりましたが、新型コロナウイルスの影響でリリースが延期になりました。

今村美月(以下、今村):延期になったことは残念だったけど、その分、1期生・ドラフト3期生verのMVと2期研究生verのMVのストーリーをリンクさせることができたり、振り付けにいまの時代を反映させた動きを入れたり、より良い作品に仕上げることができたんじゃないかと思います。

ーー自粛期間中に「アイドルとして」やっていたことはありますか?

瀧野由美子(以下、瀧野):リモートのお仕事が増えたのでタブレットを買いました(笑)。

ーーなるほど(笑)。

瀧野:それで、動画での配信をほぼ毎日するようになりました。握手会やライブがないので、画面越しでもファンの方と会える機会を作ろうと思って。

ーー石田さんも積極的に動画を配信してますよね。

石田千穂(以下、石田):「おうちほ公演」と名付けて、自分で選んだ曲をひとりでパフォーマンスする公演をSHOWROOMで配信しました。

ーーそして、改めて9月2日にリリースされることになった『思い出せる恋をしよう』はどんな曲になっていますか?

薮下 楓(以下、薮下):STU48では珍しく両想いの曲なんです。歌詞も曲調もSTU48らしさを残しつつ、これまでになかった「キュン」とする要素があって、楽しい気持ちでレコーディングしました。MVも想像を膨らませるような展開になっていて、ファンの方たちに”続き”を考えてもらいたいです。

STU48 5thシングル「思い出せる恋をしよう」MUSIC VIDEO Mix ver. / STU48【公式】

ーー先ほどお話に出た振り付けのポイントを教えてください。

今村:マスクやフェイスシールド、手洗い、アルコール消毒といった、いまの時期だからこその振りが入っているので見つけてください。MVが「1期生・ドラフト3期生ver.」と「2期研究生ver.」に分かれているんですけど、それぞれのダンスが違うところにも注目してほしいです。

立仙百佳(以下、立仙):1期生はキレイに踊る“お姉さん”な感じで、私たちは大きく踊ってフレッシュさを伝えることができればと思ってます。

ーー立仙さんは2期研究生のセンターですが、初めて聞いた時はどう思いましたか?

立仙:STU48に入った時から自分に自信がなくて。「私はセンターとしてふさわしいのか」とずっと悩んでいたんですけど、できる限りのことを頑張っていい作品にしようと決めたんです。先輩方の表情を研究したり、歌詞を読みこんで意味を考えて、曲の主人公をしっかりイメージしてパフォーマンスしました。

ーーお姉さん(AKB48 Team8・立仙愛理)は立仙さんのことを「かわいい。かわいい」と言ってますよね。

立仙:そうですね(笑)。

ーーそれは自信につながりませんか?

立仙:自分的には自信がつきます(笑)。私が落ち込んでいると面白いことを言って元気づけてくれたり、アドバイスをくれることもあって、姉は心強い存在なんです。

ーー薮下さんは「姉妹グループに姉がいる」先輩ですよね(元NMB48・薮下 柊)。立仙さんにアドバイスはありますか?

薮下:私の姉はまた違った人種なので、励ましてくれないんです(笑)。でも、姉から教えてもらうことはいくつもあったので、立仙ちゃんもお姉ちゃんからたくさん吸収して、自分の魅力にプラスできるといいんじゃないかと思います。

立仙:ありがとうございます。

ーー同期の高雄さんから見て、立仙さんはどんな人ですか?

高雄さやか(以下、高雄):いつ見ても小さくて。プライベートでは……ねぇ(笑)。

立仙 な~に?(笑)

高雄:おちゃらけてるというか、すごく面白くて。それでいて、お仕事ではしっかりしているんです。

立仙:いやいや、まだまだなことがいっぱいで。さーやんからダンスを教えてもらうこともあるし、今回の取材についても一緒に話し合いました。さーやんは「お姉ちゃん」なんです。

ーー高雄さんはダンス経験があるんですか?

高雄:いや、何もやってないんです。しかも、けっこうな運動音痴で……。

ーー芸能活動をやっていたわけでもなく。

高雄:はい。普通に静かに生活していました。

ーー初めてのMV撮影はどうでしたか?

立仙:まず演技というものをしたことがなくて。「どうしたらいいんだろう」と思ったんですけど、主人公になりきることが大切だと思ったので、自分だったらどんな気持ちになるんだろうと想像しながら演じました。

ーー同一人物の“現在”を瀧野さんが、“過去”を立仙さんが演じましたが、MVの瀧野さんを見て思ったことはありますか?

立仙:(自分が)大人っぽくなったなぁって(笑)。

一同:(笑)。

立仙:私、身長が低いんですけど、瀧野さんは身長が高いじゃないですか。

石田:確かに一気に伸びた(笑)。

立仙:それに、瀧野さんは切ない表情が上手でさすがだなって。

瀧野:わーい。ありがとう。

ーー瀧野さんから見た立仙さんは?

瀧野:私の若い時ってここまでかわいくなかったなって。

立仙:いやいやいや。

瀧野:過去と未来の2つのMVがあるなんていままでになかったし、見比べてみるのも楽しいのかなと思います。私は高校を卒業して5年経っているので、2期生のMVは「懐かしいな」という感情で観ていましたが、STU48はAKB48グループでは一番後輩なので、初心を忘れちゃいけないなって思いました。

ーー1期生がグループを引っ張っていかなきゃ、という気持ちにはなりましたか?

瀧野:うーん。2期生は入った時からアイドルオーラがあって、自分の意志を持った子が多いんです。1期生として教えたいことはたくさんあるけど、自分らしさは忘れずに頑張ってほしいと思います。1期生は優しいので、何か分からないことがあったらいつでも聞いてください。

立仙・高雄:はい!

Arrow
Arrow
今村 美月
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる