YGエンタからデビューのTREASURE、Big HitとCJ ENMによる『I-LAND』……注目ボーイズグループ、楽曲の傾向を探る

 K-POPシーンでは、将来の活躍が期待されるフレッシュなボーイズグループへの注目度が高まっている。とりわけ、YGエンターテインメントと、Big Hitエンターテインメントによるボーイズグループのプロデュースが、K-POPに大きなムーブメントを巻き起こすことを期待させているようだ。

TREASURE『THE FIRST STEP : CHAPTER ONE』

 YGエンターテインメントから8月7日にデビューしたTREASURE。TREASUREは、オーディション番組『YG宝石箱』から選出された12人組のボーイズグループだ。同グループは、デビューメンバー決定から幾度かのモデルチェンジがなされ、長い月日をかけファンへの期待を煽ってきたが、ついに満を持してデビューを果たした。

 待望のデビュー曲となった「BOY」は、強気なサウンドで大物感を漂わせながらも、歌詞では少年らしさもアピールされている楽曲だ。メンバーが20歳前後という貴重な時期に、ボーイズグループとしてデビューしたからこそ表現できる熾烈さと青さが交じったコンセプトは、唯一無二の魅力を発揮している。これまでのYGエンターテインメントのグループとは異なり、大人数で迫力のあるダンスパフォーマンスが印象的であるTREASUREだが、MVではそのダイナミックさと裏腹に、メンバーの等身大の魅力もアピールされている。グループにはYGエンターテインメント初となる日本人メンバーが4人所属していることもあり、デビュー以来日本でもワイドショーやWebメディアで多く取り上げられている。また、TREASUREとしての活動が活発化し始めたことで目にする機会が増え、これからも多くの注目を集め続けることが予想される。

TREASURE – ‘BOY’ M/V

 Big HitエンターテインメントとCJ ENMによるオーディション番組『I-LAND』も、昨今のK-POPシーンでは話題の中心となっている。番組のオリジナル曲である「Into the I-LAND」、「I&credible」は、番組の近未来的なイメージが前面にアピールされている楽曲だ。なかでも、『I-LAND』参加の練習生上位者(アイランダー)による「Into the I-LAND」のパフォーマンスは圧巻。これまでもデビューをかけたオーディション番組は数多く放送されてきたが、「Into the I-LAND」は、番組のテーマ曲として、これからデビューを共に目指す仲間を思うような前向きな歌詞ではあるものの、練習生にとっては表現力を含むハイレベルなパフォーマンススキルが要求されている印象を受けた。

[MV] I-LAND _ Into the I-LAND (applicants ver.)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる