『YG宝石箱』から誕生のTREASURE、デビューへ寄せる期待 YGエンターテインメントにとって新たな試みに

YG TREASURE BOX

 2020年1月6日、TREASUREの正式デビューの予定が発表された。彼らは大手事務所YGエンターテンイメント所属ということもあり注目度は高いものの、当初のデビュー計画の延期や、デビュー前にメンバーのハ・ユンビンが脱退してしまうなど、相次ぐトラブルを乗り越えてついにデビューすることとなる。TREASURE誕生のきっかけとなったサバイバル番組『YG宝石箱』では、これまでのYGエンターテインメントの方針とは異なり、デビューメンバーへの作詞作曲能力は求めず、同事務所の先輩にあたるBLACKPINKの成功の影響を受けてか“ビジュアル重視”が強調されてきた。YGエンターテインメントに所属する他のアーティストやグループとは異なるTREASUREの個性から、これからK-POPシーンに与え得る影響を予測していきたい。

TREASUREㅣSPECIAL CAM: FIRST SCHEDULE

 TREASUREはYGエンターテインメントの新しい試みが盛り沢山のグループだ。それは、ビジュアル重視ということだけでなく、12人という大人数でアイドルグループを形成した点についても言える。昨今のK-POPでは、大人数グループが繰る“群舞”は一つのジャンルをなすほど定着してきた新たなトレンドであるが、それはYGエンターテインメントに所属するタレントの強みである“アーティスト性”とは異なる位置にあるように感じられる。サバイバル番組『YG宝石箱』でもYGエンターテインメントに所属してきたアーティストの楽曲に限らず、様々なK-POPスターの人気曲をカバーしてきたことから、TREASUREのロールモデルはこれまでのYGタレントとは別にあるようだ。その点で、TREASUREが12人でデビューすることに“YGらしさ”を感じられなくなるのではという懸念もある。しかし、“YGらしさ”は、最近も増え続ける他事務所の“自主制作アイドル”と比べてもアーティスト性が抜きん出て感じられるそれぞれの作詞、作曲スタイルではなく、YGエンターテインメントに所属するアーティストに共通するセルフプロデュース力の高さにあると考える。『YG宝石箱』では残酷なデビューメンバーの選出方法の傍ら、アイドル性を含む練習生によるハイレベルなパフォーマンスが繰り広げられてきたことが、YGらしいサバイバル番組であると感じた人も多いのではないだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる