乃木坂46 林瑠奈、黒見明香ら徐々に頭角現す存在感 “新4期生ウィーク”やバラエティ出演を振り返る

 乃木坂46の4期生にとって、8月3日から始まった8月第2週目は特別な期間であった。彼女たちにとって大いなる一歩となったのが、3日放送の『ネプリーグ 2時間スペシャル』(フジテレビ系)に遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、清宮レイが登場。さらに、その深夜にオンエアの音楽番組『プレミアMelodiX!』(テレビ東京)に4期生が単独で出演したことだ。トークパートでは遠藤さくら、賀喜遥香、田村真佑、早川聖来が登場し、一人ひとりの個性を引き出す内容を展開。さらに、4期生楽曲の「I see…」を披露したのだ。

乃木坂46『Route 246』

 3月のMV公開からたちまち「SMAPっぽい」ということでも話題になったこの楽曲は、4期生メンバーの弾ける笑顔と観るものを飽きさせないドラマ仕立ての映像に、MVの再生回数は1200万回を突破。これは乃木坂46において歴代12番目に多いMV再生回数で、上にはシングル表題曲と「きっかけ」のみという、もはや4期生のみならず「きっかけ」に並ぶグループを代表する楽曲の一つと言っても過言ではない状態(8月8日現在)。10日オンエアの『CDTVライブ!ライブ!夏フェス4時間スペシャル』(TBS)でも「ジコチューで行こう!」と合わせて、4期生が「I see…」をパフォーマンスする予定で、その勢いはさらに加速していきそうだ。

 その勢いに追い風を吹かせているのが、新4期生の存在。日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』が、今週は新4期生ウィークだったのだ。3日から7日にかけて林瑠奈、黒見明香、松尾美佑、弓木奈於、佐藤璃果の順番で1日ごとに登場。各所で披露している白目がインパクト大の林は、尊敬する堀未央奈がかつて高速瞬きによるバラエティのイメージから、モデルへと自然にシフトチェンジしていったことを参考にしていると話す。

 ファンを楽しませるため艶やかな浴衣で姿を見せた黒見は、同じ名前の賀喜遥香と『ノギザカスキッツ』(日本テレビ)で“ダブルはるか”としてコントをやりたいと意欲を見せる。晴れ女の松尾は、雑誌の撮影のみならず梅雨も明けさせたと笑みを浮かべ、ポニーテールの弓木は、学校が一緒だった和田まあやとご飯を食べたり、誕生日をお祝いしていたと明かす。トリの佐藤は、新4期生メンバーのモノマネを披露。本日、9日は佐藤の19歳の誕生日であり、2日早い祝福の声がファンから届けられた。さらに本日放送のラジオ『乃木坂46の「の」』(文化放送)には弓木が出演とまだ新4期生ウィークは終わっていない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる