角松敏生ワークスの名曲コンパイル集がチャートイン “ディガーの精神”に訴えかけるプロダクションの歴史的意味

参考:2020年8月3日付週間アルバムランキング(2020年8月20日~2020年8月26日)

 2020年8月3日付のオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得したのはBiSH『LETTERS』で、推定売上枚数は54,383枚。当初のシングルの予定を変更して7曲入りのアルバム(3.5th、と掲げる通り、やや変則的な立ち位置にある)とした一作である。BiSHは今月上旬にベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』をリリースしたばかりで、今週の6位にもランクインしている。ちなみに同作はフィジカルオンリーの発売、かつ収益をすべて全国のライブハウスに寄付、というCOVID-19下の緊急アクションでもある。

 ほか、トップ10内を見ると、初登場としては4位のスターダスト☆レビュー『年中模索』(8,145枚)、10位のヴァリアス・アーティスト『角松敏生ワークス -GOOD DIGGER-』(3,301枚)がランクインしている。

『角松敏生ワークス -GOOD DIGGER-』

 さて、今回ピックアップするのは10位の『角松敏生ワークス -GOOD DIGGER-』(以下、『GOOD DIGGER』)。タワーレコード限定流通の『角松敏生ワークス -GOAL DIGGER-』と同時リリースされた、角松敏生の仕事を振り返るコンピレーションアルバムだ(ちなみに後者は12位にランクイン)。『GOOD DIGGER』は2枚組32曲収録のボリュームで、全曲が2020年版のリマスタリングを施されている。1983年から2010年の30年弱にわたるプロデュースワークからレコード会社の枠を越えてコンパイルされた楽曲は当然ながら粒ぞろいだ。西城秀樹、中森明菜といったアイドルとの仕事や、杏里、JADOESなどキャリアを語るうえでは欠かせない仕事をはじめとして、プロデューサーとしての角松敏生の姿がありありと浮かび上がる一作となっている。

中森明菜「UNSTEADY LOVE」
杏里「Good Bye Boogie Dance」

 リバーブのきらびやかで独特な質感をはじめとして、角松のプロダクションには一貫してラグジュアリーな華やかさが感じられる。鋭いアタックのドラムや歯切れ良いブラスが軽やかに跳ね回る様子はいかにも景気が良い。しかし、それらが決して表面的な派手さに回収されず、むしろ作り込まれたハイファイさから漂う、職人的なスタジオワークが醸し出すエレガントさに包み込まれているのが興味深い。JADOES「HEART BEAT CITY (Extended New Re-mix)」「FRIDAY NIGHT (Extended Dance Mix)」など、テープエディットやスクラッチといったDJカルチャーの要素を貪欲に取り入れてきた角松のキャリアを映し出す楽曲も収録されているのが嬉しい。

JADOES「FRIDAY NIGHT」
JADOES「HEART BEAT CITY」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる