Kis-My-Ft2、悔しさや喜びの共有を経て繋がれた絆 グループ結成15周年に寄せて

 2020年7月26日。Kis-My-Ft2にとって、15回目の結成記念日を迎えた。2005年の今日、ひとつのグループとなり、図らずも同じ道を歩き始めた彼ら。大好きな日もあれば大嫌いな日もあった、7人だけの青春。

 7人であることを選び続け、走り続ける“終わらない旅”は、これから先も続いていく。嬉しいときや楽しいときは、一緒に倍にしながら。

 メンバー中、もっともジャニーズ歴が長い藤ヶ谷太輔は入所7年目、最年長の北山宏光はまもなく20歳という、決して早くはないスタートだった。

 「落ちこぼれの集まり」「余りものの寄せ集め」。結成当時のKis-My-Ft2(以下キスマイ)を、彼らはそうした言葉で表現する。ユニット結成と解体、同期や後輩のデビュー……キスマイは“選ばれなかった”者同士だった。

 結成1年を待たず初期メンバーが脱退。翌年にはHey! Say! JUMPがデビューし、キスマイはそのバックで踊った。心中はさまざま。けれどステージでは、折れそうな心も葛藤も、見せるわけにはいかない。

 「チャンスを掴み取る、もう絶対に取りこぼさない」。気迫にあふれたパフォーマンスでファンを惹きつけ、ジャニーズJr.の先頭を走った。

 それでも試練は訪れる。2010年9月、Kis-My-Ft2とA.B.C-Zによる主演舞台『少年たち 格子無き牢獄』。出演者一覧に、横尾渉と二階堂高嗣の名前がなかった。

 この舞台を観劇し、心密かにキスマイのデビューを決めたジャニー喜多川。「5人」で動き始めた事態に、北山と藤ヶ谷が立ち上がった。直談判の末、掴み取った「7人」。ジャニー喜多川は、北山・藤ヶ谷を、7人を信じた。

 “俺と藤ヶ谷は「できる?」と聞かれて「できません」って言ったことが一度もない”

 Jr.時代を振り返り、北山が語った言葉。他のメンバーも想いは同じだった。今もキスマイのスタンスは変わらない。「なんでもやる」「NGなし」。チャンスには貪欲に食らいつく。そうして乗り越えてきた15年だった。

個々が活躍するグループ

 来年、デビュー10周年を迎えるキスマイ。個々が幅広いフィールドで活躍し、一般層にも愛されるグループに成長した。

 熱い心でグループを引っ張り続けた北山は、今年の『24時間テレビ』メインパーソナリティのひとりに選ばれた。スパイクもボールもプライドも、すべて捨ててアイドルの道を選んだ北山。自身の選択が間違っていなかったことを、日々証明し続けている。「キスマイのためだったら誰に嫌われてもいい」。かつてそう言い切った北山の心は、きっと今も変わらない。

 ドラマに映画にと、特に演技の世界で高い評価を得ている玉森裕太は、誰もが認めるキスマイの顔に成長した。Jr.時代は、宮田俊哉とともに常に怒られ役。当初こそ望んで前に出たわけではなかったが、「俺がセンターだって自覚と覚悟はある」(『Myojo』2016年9月号)、そう語るほど、多くのものを背負い、見えない努力をしてきた。自然体だからこそ、ブレずに強い男だ。

 藤ヶ谷はコンスタントにドラマや舞台に出演する一方、『A-Studio+』のMCに抜擢。恩師である中居正広の“DNA”を受け継いだトークは、笑福亭鶴瓶も評価している。個人の仕事は「キスマイの藤ヶ谷太輔」としてカッコよく、背すじを伸ばして取り組む。ひとたびグループに戻れば、お茶目で少し天然な「ガヤ」。考えすぎ、頑張りすぎる男の顔がほころぶ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる