SixTONES 森本慎太郎×田中樹の“しんじゅり”、グループを両脇から固める2人 パフォーマンスでもトークでもハマる相性の良さ

 7月12日放送の『日曜THEリアル!・配達王〜芸能人が極上グルメをあなたの家にお届け〜』(フジテレビ系)に、SixTONES・京本大我、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹が出演した。SixTONES結成から約5年間、活動をともにしてきた4人らしさが出ていたのではないだろうか。そして、この4人の中でも以前から公私共に仲が良いのが森本と田中の「しんじゅり」コンビである。今回は、彼らの関係性に注目をしてみたい。

 7月22日発売の2ndシングル表題曲「NAVIGATOR」の終盤、森本と田中が前に出てきてツートップのようなフォーメーションになる場面がある。2人が牽引する形になっているそのシーンは「NAVIGATOR」のパフォーマンスにおいて確実にアクセントとなっている。これだけに限らず、森本と田中はSixTONESのパフォーマンスにおいてスパイスになっているのではないだろうか。森本はダイナミックなダンス、田中はクールなラップを武器に、パフォーマンスや楽曲に彩りを添えている。6人が横一列でパフォーマンスする際も、森本と田中が両端になることが多く、まさに「SixTONESを両脇から固める」役割を担っている。

SixTONES – NAVIGATOR (Music Video) [YouTube Ver.]

 そんな2人はトークでも息がピッタリだ。森本のボケを田中がしっかり拾ってツッコむ、というパターンはSixTONESにおいてのお決まり。しかも、予想外な森本のボケも的確にキャッチできるのは田中以外にいない。そんな2人のコンビネーションの良さは、SixTONES公式YouTubeチャンネルにアップされている動画でも多く見ることができる。例えば、「Pass the audition!?-ムチャぶりオーディション」。森本がオーディション参加者、田中がプロデューサーという役を演じており、「お前、舐めてるだろ?」(田中)、「舐めてないです、蹴鞠やらせてください!」(森本)という妙に息のあったやり取りに思わず笑ってしまう。「ダンスジェスチャーゲーム」シリーズでも、森本のジェスチャーを田中が、田中のジェスチャーを森本が当てることが多かった。

SixTONES – Pass the audition!?-ムチャぶりオーディション
SixTONES – Dance Game「ダンスジェスチャーゲーム」やってみた!

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!