新しい地図の個性が『ななにー』で爆発 ゲスト達との交流であぶり出された「長く愛される魅力」

新しい地図の個性が『ななにー』で爆発 ゲスト達との交流であぶり出された「長く愛される魅力」

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、毎月第1日曜日の午後3時から7.2時間生放送を繰り広げる『ななにー』こと『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)が、今月もオンエアされた。#28を数える今回も、先月に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大予防のためにソーシャルディスタンスを保っての放送となった。

withコロナ時代に呼びかける愛ある行動

 オープニングでは、3人が先日より続く大雨被害についても言及。混乱が続く全国のファンにエールを送った。また、いまだ感染者ゼロを維持している岩手県の達増拓也知事にリモートで話を聞くコーナーも設けられた。

 印象的だったのは「感染拡大はお互い様」という言葉だ。店舗や施設を運営する側だけではなく、利用する側の協力もなければ成り立たないと訴えた達増知事。香取の口からは「ニュースで岩手県は新型コロナウイルス接触確認アプリのインストール率が1位だと知った」という話も。今後も未知のウイルスと長期戦になるとみられる中、1人ひとりができる対策を地道に続けていくことが大切なのだろう。

 加えて、今後もし岩手県から感染者が出たとしても、その人をとがめることなく、冷静に対処していこうという決意も語られる。誰かを攻撃するのではなく、落ち着いた行動を。混乱する前に、あらかじめそうした呼びかけをする意味は大きい。新しい地図の3人の思いは、いつだって「いっしょに頑張りましょう」だ。

 東日本大震災の復興支援や映画『クソ野郎と美しき世界』の舞台挨拶で岩手に訪れたことのある3人は、「盛岡冷麺が食べたい」と話し、お取り寄せなどを利用して経済回復もできるのではと、withコロナ時代を共に生きていくアイデアを発信していった。

 外出自粛モードから、徐々にかつての生活スタイルを取り戻そうとしている今、人との距離を保ちながら「久しぶりに会いたいな」という思いも出てくるタイミングだ。番組では3人にとって「お久しぶり」な人たちをゲストに呼ぶ「お久しぶり企画」を実施。本人も忘れていた数々のエピソードが披露され、改めて3人の個性があぶり出されることとなった。

努力家なのに名前が覚えられない草なぎ剛

 最初に草なぎの「お久しぶり」さんとして登場したのは、『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)で17年共演してきた大熊英司アナウンサーだ。6月末でテレビ朝日を円満退社し、フリーとなった大熊アナと久しぶりの再会にテンションが上がった草なぎはスイッチが入り「『『ぷっ』すま』の演出は全部(大熊アナが)考えてたんだから!」とハジけたトークを展開していく。

 そんな草なぎのスイッチは『『ぷっ』すま』時代にもあり、ロケ中に自腹で100万円以上の古着を購入したエピソードが飛び出す。この日、大熊アナが履いていたデニムも、草なぎがそのときに買った23万円以上のものだと明かされる。すると、稲垣もかつて草なぎからブーツをもらっていたことが判明。「普通の友だちにあげるのもイヤだったから」と稲垣に譲ったものの「全然履いてないね!」と不満げな草なぎ。ついには「返して!」と言い放ち、稲垣が「安全靴でしょ(笑)?」と反論するなど、兄弟ゲンカのようなやりとりも見受けられた。

 また、大熊アナは、草なぎが昔から人の名前が覚えられないところがあると指摘。『『ぷっ』すま』ロケで、L’Arc~en~Cielのhydeにずっと「kenくん」と呼びかけ、スタッフを凍りつかせた思い出話も語られた。そういえば、この日もソーシャルディスタンスを「ソー“サ”ルディスタンス?」とちょっと怪しげだった草なぎ。大熊アナは、今さらながら改めて「大熊英司と申します」と自己紹介し、笑いを誘った。

 さらに、2006年放送のドラマ『僕の歩く道』(フジテレビ系)で草なぎの妹役を演じた本仮屋ユイカも登場。当時、草なぎはいくつものレギュラー番組を持ちながらドラマ主演するなど、多忙を極めていたにも関わらず、合間をぬって韓国語習得に勤しんでいたという。韓国人と通訳ナシでコミュニケーションが取れるほど高い語学力を身につけた草なぎだが、本仮屋を「カリヤちゃん」と呼び間違えるなど、やはり名前を覚えるのは苦手なままのようだ。

 いつだって予定不調和。だからこそバラエティで光るし、演技の場面ではハッとするような表情で心を掴まれる。その振り幅こそが草なぎの愛される理由なのだと、再認識させられた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!