Chara、SIRUP、TENDREら参加のTELE-PLAY、完全リモートで制作された「あいにいきたい」MV公開

Chara、SIRUP、TENDREら参加のTELE-PLAY、完全リモートで制作された「あいにいきたい」MV公開

 Chara、SIRUP、TENDREらが参加したプロジェクト・TELE-PLAYによる楽曲「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)が、本日6月30日より配信がスタート。あわせて、同楽曲のMVが公開された。

TELE-PLAY『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』

 TELE-PLAYは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中でRed Bullのサポートのもと始動した、リモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト。その第1弾となる楽曲「あいにいきたい」には、Chara、SIRUP、TENDREに加え、ラッパーのBASI(韻シスト)、屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O(CIRRRCLE)、挾間美帆など錚々たるメンバーが集結した。

 TELE-PLAYのプロデューサーは、発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS・象眠舎)が務め、作詞・作曲からレコーディングミックス作業、MV撮影まで、楽曲制作に纏わる全ての行程が完全リモートで制作された。

 MVは、参加した全アーティストが自宅で自録りした映像で構成されており、魚眼レンズを通じてアーティストの制作現場を覗いているかの様な高揚感を感じることができる。

 「あいにいきたい」は、J-WAVE(81.3FM)夏のキャンペーン「MY NORMAL NEW SUMMER」のキャンペーンソングにも決定しており、ウィズコロナ時代における新しいエンターテインメントとして、8月30日までオンエアされるそうだ。

 なお、TELE-PLAYはこの後も継続的に制作が予定されており、すでに第2弾プロジェクトも進行中だという。自粛期間が明ければ、同企画のライブストリーミングをRed Bull Music Studios Tokyoで行う予定だ。

Red Bull Music Studios Tokyo

プロデューサー 小西遼コメント

僕たちはいま“Social Distance”という新しい距離と向き合っています。

東京での自粛が宣言された夜、「なにができるのか、なにをすべきなのか」
という苦悩の中でTELE-PLAYの草案を思いつき、
すぐさま仲間たちに連絡しました。

“こんな時だからこそ、一緒に音楽ができる場所を作りたい。”

そう電話越しに話すと、皆その場で「是非やりたい」と返事をしてくれました。
その夜の興奮は忘れられません。
ああ、僕らはまた繋がっていけるんだ、と。

TELE-PLAYでは様々なジャンルからアーティストが集結し、
遠隔で音楽制作・録音・撮影をします。
書くのは簡単ですが、賛同してくれた多くの人の協力なしに
このプロジェクトの誕生はありえませんでした。

どんなに離れていても、どんな困難を前にしても、音楽を通して繋がっていける。
その繋がりを、作品に触れる全ての人が信じることができる。

TELE-PLAYをそんなプロジェクトにしていきたい。
大切なのは、続けていくことです。

どうか多くの人に、幾重もの距離を越えてこの音楽が届きますように。

「あいにいきたい」

■リリース情報
TELE-PLAY第1弾配信楽曲
「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)
6月30日(火)配信リリース
<参加アーティスト>
Chara / SIRUP / TENDRE / BASI
A.G.O(CIRRRCLE)/ HSU(Suchmos) / 挾間美帆 / 真砂陽地 / 宮川純
中島優紀 / 関口将史 / Shin Sakiura / 高井天音 / 屋敷豪太 / 吉田沙良(ものんくる)
小西遼

■関連リンク
TELE-PLAY WEBサイト
TELE-PLAY Twitter
TELE-PLAY  YouTube

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!