KinKi Kids、嵐、Kis-My-Ft2……コロナ禍でのジャニーズ活動&配信コンテンツに注目

 長らく続いた外出自粛期間。誰もが経験のない大変な時期を過ごしたが、手洗い動画『Wash Your Hands』にはじまり、YouTubeや公式Instagramなどで様々なコンテンツを配信し、楽しませてくれたジャニーズのアイドルたち。改めて、各グループによる活動を振り返ってみたい。

Kis-My-Ft2『Kis-My-Ft2 WEB FES』

 エイベックス公式YouTubeチャンネルで期間限定公開された『Kis-My-Ft2 WEB FES』。過去のライブ映像の本編など計5本が公開された。しかもライブ画像はSNSでの投稿OKというから驚きだ。

 なかでも注目は、「●●編」としてテーマを設けて見どころをまとめた映像だ。オラオラ編ではド派手な特効を中心に堪能できるほか、ユニット編では、メンバーで組んだユニットごとのステージをピックアップ。“藤北”こと藤ヶ谷太輔と北山宏光がギターを弾きながら歌う二人だけのステージ、“宮玉”こと宮田俊哉と玉森裕太による「星に願いを」は、これをライブでみられるの!?という、ストーリー仕立てのステージ。そして、東京ドームが揺れた舞祭組のデビュー曲「棚からぼたもち」も。

 25分ほどの映像の中で、さりげなく舞祭組の成長が感じられたのも面白い。ファンから“エイベたん”の愛称で親しまれているエイベックス公式Twitterに向けて、「粋だね」「手厚い」など、感謝の声が寄せられていた。

嵐の特別なステージがオンラインで

 公式Instagramを開設している嵐は、4月20日から『INSTAGRAM STORY TAKEOVER』をスタート。嵐のメンバーが日替わりでインスタストーリーを更新した。バイクツーリングを趣味とする相葉雅紀はヘルメットコレクションを、二宮和也は筋トレ、大野智は手料理、松本潤は押し隈、櫻井翔はピアノ演奏と、個性溢れる配信で湧かせた。

 また、YouTubeでは絵本の読み聞かせを行った。こんなにリッチな読み聞かせがあるのかという驚きもさることながら、リモートじゃんけんであみだくじの場所決めをしたり、相葉が読み進めるうちにページを飛ばし、ほかのメンバーが「あれ?どこ?」と一斉に迷子になったり。わちゃわちゃとした雰囲気に気持が和んだ。

 有料チケット制で開催された『嵐のワクワク学校オンライン』は、これまでチャリティーイベントとしてドーム規模の会場で行われてきたが、自宅にいながらにして参加できたのも貴重な経験だ。「日々是気付」というテーマのもと、メンバーの身に起こったリアルな例を挙げていたことで印象に残り、改めて「感謝」の大切さについて教わった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる