三代目JSB 山下健二郎&GENERATIONS 中務裕太、次世代にEXILE魂を色濃く伝え続ける二人のパフォーマー

三代目JSB 山下健二郎&GENERATIONS 中務裕太、次世代にEXILE魂を色濃く伝え続ける二人のパフォーマー

 EXILEのパフォーマー・TETSUYAが学長を務める「EXPG高等学院」が先月5月にオープンした。同校は、LDHの所属アーティストを多く輩出してきた総合エンタテインメントスクール「EXPG STUDIO BY LDH(以下:EXPG)」と、ドワンゴが運営する通信制学校法人「角川ドワンゴ学園N高等学校」が提携した教育機関で、ダンスを学びながら3年間で高校の卒業資格を取得することができるスクールだ。

 EXPG STUDIOとは、EXILE HIROが創設した「素晴らしい表現力と魅力的な人間力を兼ね備えているアーティスト」の育成をめざす総合エンタテインメントスクールで、これまでに多くのLDHアーティストが輩出されている。本稿では、EXPG STUDIO OSAKAの卒業生であり、次世代のエンタテイナーにEXILE魂を色濃く伝え続けている二人のパフォーマー、三代目 J SOUL BROTHERS(以下、三代目JSB)の山下健二郎と、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)の中務裕太を紹介したい。

 今年デビュー10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーである山下は、『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティや、映画、ドラマなどでの俳優としても知られており、京都出身の彼が繰り広げるユーモア溢れるトークにも定評がある。そんな彼のダンサーとしてのキャリアは長く、デビュー前にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のパレードダンサーをしていたことも有名だ。2007年に開催されたEXILEのライブ『EXILE LIVE TOUR 2007 EXILE EVOLUTION』でバックダンサーを務めたことがきっかけで、山下は同時期に開校されたEXPG STUDIO OSAKAに入校。その後は、自身がEXPG STUDIO OSAKAのインストラクターとして、デビュー前のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE・陣、岩谷翔吾、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE・奥田力也、砂田将宏らにダンスを指導していたとのことだ。

 1980年〜90年代のヒップホップカルチャーが好きだという山下は、80年代後半にテディー・ライリーが確立させた音楽ジャンル(日本ではダンスジャンルとしても確立している)のニュージャックスウィングやブレイクビーツなど、90年代ごろの“ステップ”を意識したヒップホップダンスに強く影響を受けているようだ。そのスタイルは、初代 J Soul Brothersの礎となっているミドルスクールのダンスとも共通している。三代目JSBの代表曲「R.Y.U.S.E.I.」で披露され、一躍お茶の間にも浸透した「ランニングマン」もまた、ミドルスクールを代表するステップであり、その意味でも山下は“JSBクラシック”を継承する存在といえそうだ。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 「R.Y.U.S.E.I.」Music Video

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる