Sexy Zone、確立されていくメンバーのキャラクター “セクエボ”でさらなる進化を求め奮闘

 5月17日深夜に『Sexy Zoneの進化論(通称:セクエボ)』(スカパー/フジテレビ関東ローカルほか)のダイジェスト版が地上波でオンエアされる。今年4月からスタートした同番組は、全員が20代に突入したことを機に、さらなる進化を求めて様々なことに挑戦するロケバラエティだ。デビューから9年が過ぎ、Sexy Zoneは進化の真っ最中。

 白いスーツに赤いバラを咥えてデビューした2011年。メンバーの平均年齢は14.2歳と事務所歴代最年少でのデビューだった。10代特有の透き通った歌声とあどけなさ、これぞジャニーズという王子様感とのギャップは目を引くものがあった。毎年、大晦日に行われている『ジャニーズカウントダウンコンサート』では、年齢制限の関係で最年長の中島健人が一人で出演したこともあり、年々出演メンバーが増えていくことも楽しみの一つだった。

 Sexy Zoneの出演番組を振り返ってみると、折に触れて密着番組が放送されてきたのが特徴的だ。2013年放送の『ミッドナイト ジャニーズ ~Sexy Zone編~』(日本テレビ系)オンエア時は、中島健人と菊池風磨がそれぞれ別のドラマで不良役を演じた頃だった。

 菊池は、ジャニーズの枠から一歩出た俳優としての活動についてこう語った。

「どこかに、Sexy Zoneは他のアイドルとは違ぇんだぞっていう。Sexy Zoneは舐められたくない」、「Sexy Zone違うんだな、菊池風磨違うんだなって。やっぱりSexy Zoneすげえんだなって言うのに繋げていきたい」

 言葉にギラギラとした野望を感じた。一時は体制変更が行われるなど、激動とも呼べる時代を経て再び5人体制で現在に至る。

個々のキャラクターが確立

 元々、個性的なメンバーが集まるグループではあったが、このところは個性がより表に、ファン以外の人たちにも伝わっているように思う。

 中島健人は、王子様路線を歩み、どんなバラエティ番組でも、王子様キャラ×笑いを確立した。特にキャラクターが際立った様子は、京成電鉄のCMが物語っている。『ぐるナイ』(日本テレビ系)「ゴチになります」にレギュラー出演していた際には、私服で登場した回があり、白いシャツにデニム、スニーカーでカジュアルダウンし、ジャケットに袖を通さず肩にかけていた。これについて「令和のジャニーズはジャケット着ないんです」とコメント。王子様らしさを保ちつつも、ツッコミどころがある、ほんの少しの隙が面白い。王子様系アイドルからブレないので、安心して心をゆだねられる存在だ。

 このところバラエティ番組で個性を発揮している菊池風磨。かねてから出演していたラジオ番組『レコメン!』(文化放送)でMCのオテンキのりとの下ネタトークで深夜に笑いをもたらし、最近では『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)ではめられた“スースー”ドッキリのインパクトが大きい。何度も仕掛けられたドッキリの末に、股間を抑えて床に横たわり、悶える菊池。そんな姿に、笑い……どころか爆笑した。SNSでも「イメージが変わった」などの投稿が見受けられた。どこか無口でクールな印象が強かった菊池だが、持前のユニークさ、トーク力を積極的に表に出している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる