Rain Drops『シナスタジア』インタビュー 6人のライバーが音楽で結束、可能性に満ちた新たな物語

Rain Drops『シナスタジア』インタビュー 6人のライバーが音楽で結束、可能性に満ちた新たな物語

 VTuber/バーチャルライバーグループ・Rain Dropsのメジャー1stミニアルバム『シナスタジア』が5月13日に待望のリリースを迎えた。

 Rain Dropsは、にじさんじから生まれた6人組グループだ。まずは、彼らの活動母体となるにじさんじについて簡単に解説したい。4月ににじさんじを運営するいちからが伊藤忠商事との資本業務提携を結んだことも大きな話題を呼んだが、YouTubeでの生配信を中心に活動するバーチャルライバー(以下、ライバー)が多数所属し、昨今のVTuber、ライバーシーンの盛り上がりを牽引する集団である。にじさんじには約100名が所属。個人での配信はもちろん、複数ライバーでの配信も活発に行われ、フリートーク、ゲーム実況、企画もの、それぞれのキャラクターを生かした配信で多くのファンを獲得してきた。なかでも楽曲カバーやオリジナル楽曲などの歌唱動画は、にじさんじを代表する人気コンテンツの一つだ。

 にじさんじのライバーたちが参加したオリジナルフルアルバム『SMASH The PAINT!!』(2020年3月18日)は、オリコン週間アルバムランキング7位、インディーズアルバムランキング1位。昨年VTuberとしては初となる両国国技館(12月8日)、幕張メッセイベントホール(10月2日)でのワンマンライブはいずれもソールドアウトを果たした。両国国技館のライブでは、有料のネットチケットを販売するかたちで同日生配信が行われ、会場とネット配信合わせて3万人以上がライブに参加。Twitterでも世界トレンド1位を獲得した。

 この流れは一定数のファンの枠を飛び越え、世の中全体へと波及している。「2019年ネット流行語大賞」では、にじさんじが鬼滅の刃、ヒプノシスマイクなどの人気コンテンツをおさえ1位に。文化放送でのレギュラーラジオ番組『にじさんじpresentsだいたいにじさんじのらじお』やTOKYO MXの年末番組『年またぎにじさんじ!~ゆくV!くるV!島崎信長も来ちゃったよSP!~』の放送、先日も『めざましテレビ』(フジテレビ系)で特集が組まれるなど、マスメディアを通して彼らの活動にスポットが当たることも増えている。

 多岐に渡る活動で注目を集めるにじさんじのライバーたちの中で、Rain Dropsは音楽活動を前提に発足されたグループだ。にじさんじからは彼ら以外にも月ノ美兎、樋口楓、petit fleurs(御伽原江良&森中花咲)がメジャーデビューへと駒を進めているが、なんといってもRain Dropsの特徴はこれまでのにじさんじにはなかったコンセプトにある。にじさんじから生まれてきたさまざまなコンテンツがカラフルでポップな印象だとすると、Rain Dropsは音楽性でいえばロック、ビジュアル面ではクールな印象に振り切っているのだ。

 今回リリースされた『シナスタジア』の1曲目を飾る「VOLTAGE」は、まさにグループのカラーを象徴するような楽曲だ。ナノはじめ疾走感あるメロディアスなロックを得意とするWEST GROUNDとJ-POPはもちろん数多くのアニメ・特撮ドラマの主題歌を手がけてきた藤林聖子という最強タッグにより生み出された同曲は、「真剣さ」や「熱さ」を伝え、“参加すること”を広く促すようなメッセージ性のある歌詞とデジタルを融合したバンドサウンド、ライブのステージを想像させる躍動感が、今後アニメ・ロックファンにも広く浸透していくであろうポテンシャルを放っている。

 「VOLTAGE」はMVにも見応えが詰まっている。「たくさんの情報が飛び交うサイバー空間でそれぞれメンバーが個々として戦う姿と色々な人々の声や嘆きを受け止めてみんなで乗り越える姿を描きたいなと思いました。抱えてる悩みや不安はそれぞれみんな違うけれど隣にいる仲間の手をとり、励まし合うことでみんなの心が一つになる。この世界を変えてやろうと屋上へ飛び出しRain Dropsのみんながたくさんの想いを込めて叫ぶ姿に見てる人も勇気や元気をもらえたら」と同作を手がけた山下RIRIが語るように、一つのアニメーション作品のようなクオリティ高い映像にも注目だ。

Rain Drops『VOLTAGE』Music Video (5/13(wed)発売『シナスタジア』収録曲)

 そのほかにも「蜜ノ味」(syudou)、「ジュブナイルダイバー」(あめのむらくもP制作、ギター・新井弘毅、ピアノ・滝本成吾、ベース・ウエムラユウキ【ポルカドットスティングレイ】、ドラム・ゆーまお【ヒトリエ】)、「シグナル」(津波幸平×和田アヤナ)、「Under The Moon」(長谷川大介)、「セルフィーDimension」(渡辺翔)と豪華アーティスト・クリエイターが集結し、充実した音楽アルバムを作り上げたRain Dropsは、これからどのように音楽活動を展開していくのか。コロナ禍の影響により残念ながら対面取材は叶わなかったが、6人のメンバーにメールインタビューにて質問に回答してもらった。文面からも伝わるそれぞれのキャラクターと音楽に対する熱い思いを受け取っていただきたい。(編集部)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる