SixTONES、Instagram100万人フォロワー突破 “彼女感”も味わせてくれるインスタの魅力

 2019年8月8日に開設したSixTONESオフィシャルInstagramが、2020年5月6日にフォロワー数が100万人を突破した。彼らの投稿になぜ惹きつけられるのか、どんな魅力があるのか探ってみたい。

 SixTONESのインスタアカウントにはMVなどの動画にオフショット、カッコよさもあれば、ファッション雑誌のようなオシャレさもある。そして笑いも忘れない、SixTONESの特徴を凝縮したような投稿が並ぶ(ファンの間では「#ストグラム」として親しまれている)。

 2019年12月3日に誕生日を迎えた京本大我。ステージにはバースデーケーキ、ファンがいるライブ会場をバックにメンバーに囲まれてピースサインの京本。チケットを手にした人しか入れないライブ会場の一コマはありがたい。

 また、衣装から出演履歴がリンクしていくのも面白い。ビシッときまったスーツ姿の6人のショットと、バラエティ番組でのはじけっぷりのギャップ、撮影のオフショットがカッコよすぎたり。SixTONESのインスタには何度みても飽きない面白さがある。

 2020年3月23日の投稿には、「SixTONESが撮るSixTONES」と題して、メンバーが撮影したと思しき6人の画像。カメラマンが撮るものとは違って、なんだか距離が近い。

 何かを書こうとしている京本大我、背後から捉えた森本慎太郎の横顔、うつむいたジェシー、髙地優吾の何かを見つめているショット、ホワイトボードに向かう田中樹の横顔、と、ここまではモノクロのカッコいい画像が並んだが、最後にひとりだけカラー画像の松村北斗。両手でおにぎりを持って食べようとするショットが投稿された。全6枚の画像で、カッコよさと面白さが共存する。SixTONESの日常の一コマ、視線のまま収められた画像からは場の雰囲気が伝わってくる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる