SixTONES、アニメ『富豪刑事』OP曲「NAVIGATOR」から感じた“らしさ” 解禁までのヒントも振り返る

SixTONES、アニメ『富豪刑事』OP曲「NAVIGATOR」から感じた“らしさ” 解禁までのヒントも振り返る

 4月10日前後から、ある楽曲がSNSを賑わせた。テレビアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』(ノイタミナ/フジテレビ系)のオープニングテーマに起用されたSixTONESの2ndシングル表題曲「NAVIGATOR」である。第1話の放送ではクレジットが表示されておらず、公式HPの「MUSIC」のページにも詳細はなし。放送されたオープニングテーマの歌声を聴いて、「もしかして……」と気付いたファンもいたようだが、真実は分からずじまいだった。しかし、随所に散りばめられた“ヒント”をめぐって、SNS上でファンたちは推理合戦を繰り広げ始めたのである。例えば、SNS上に掲載されていたアニメの予告バナー。バナー内には赤、ピンク、黒、黄、緑、青の6つの「×」があり、SixTONESのメンバーカラー、人数と一致。さらにSixTONES公式Instagramにも“ヒント”とおぼしきものが。メンバーが4月3日から8日までの6日間、毎日1人ずつ新曲のレコーディング風景を投稿していたのだが、全員が投稿し終わった9日が『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』の初回放送日だったため、「カウントダウンだったのでは?」とTwitter上で盛り上がっていた。そして第2話放送日の4月16日、ついに種明かしがされた。

 こうして、一気に注目を集めた「NAVIGATOR」を筆者は一足先に聴かせていただいた。ジャニーズへの楽曲提供でお馴染みの高木誠司と高慶“CO-K”卓史が手掛けており、「バディ×ガジェット×アクション×ドS主人公」という今までにありそうでなかった同作の世界観にぴったりの曲に仕上がっている。松尾拓プロデューサーが「SixTONESさんという情報なしでも楽しんでもらえると確信できる非常に力のある楽曲を頂きましたので、今回、異例の試みではありますが、1話ではアーティスト情報を秘密にするという形を取りました」とコメントしている通り、印象に残る楽曲だ。そして、“SixTONESらしさ”がしっかり感じ取れる楽曲でもある。

 例えば、「SixTONESといえば」というべき特徴となりつつある英詞の多さが挙げられるだろう。1stシングル表題曲「Imitation Rain」もそうだったが、曲の出だしから英詞が続く。しかも、英語を流暢に話せるジェシーが英詞パートを多く担当するかと思いきや、今回はある程度メンバーそれぞれが均等に担当している。正直、SixTONES初期の楽曲「JAPONICA STYLE」と比較すると、明らかに発音が良くなっていると感じる。メンバー一人ひとりが世界を見据え、語学習得に勤しんでいる結果だろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる