Awesome City Club、トライ&エラーを経て辿り着いた『Grow apart』 生配信で語った音楽的な充実

Awesome City Club、トライ&エラーを経て辿り着いた『Grow apart』 生配信で語った音楽的な充実

 Awesome City Club(以下ACC)が2ndフルアルバム『Grow apart』の配信リリースを記念し、初のYouTube生配信を行った。「Awesome Home Club」と題された生配信には、メンバー4人がそれぞれの自宅から参加。ニューアルバムの制作エピソード、思い入れのある楽曲などについてリラックスしたトークが展開された。この配信の内容をもとに、アルバム『Grow apart』を紐解いてみたい。

 atagi(Vo/Gt)、PORIN(Vo/Syn)、モリシー(Gt/Synth)、ユキエ(Dr)の乾杯から始まった生配信。最初の話題は、“アルバムタイトル『Grow apart』の由来”だった。『Grow apart』は“すれ違い”“離れて成長する”という意味。1stフルアルバム『Catch The One』(2018年12月リリース)の後、メンバーの脱退、レーベル移籍に直面したACC。「この1年5カ月の間に出会いと別れがあって、いい意味でも悪い意味でも“すれ違い”に縁があった。それ自体をテーマにしてアルバムを作ろうと」(atagi)というのが本作のコンセプトだ。

 続いては、メンバーそれぞれの思い入れのある楽曲を紹介。ユキエはアルバムの冒頭を飾る「トビウオ」。心地よいグルーヴをたたえたギターリフ、最新鋭のダンストラックとバンドサウンドが融合したナンバーだ。「何度もしつこく言ってるけど(笑)、『トビウオ』を1曲目に持ってこれたのがいいよね」というユキエに対してPORINは「これまでのACCへの期待を裏切りたい曲を(1曲目に)持ってきたかったんだよね」とコメント。atagiも「いまの音楽業界の流れ、R&Bマナー、ブラックミュージックとはまったく違うアプローチの曲。新しいことをしていると思う」と手ごたえを感じているようだった。

 モリシーの“推し”は、「Black & Blue」。厚みのある低音を押し出したサウンド、憂いと切なさが滲み出るメロディが印象的なミディアムチューンだ。「atagiくん、(アレンジャーの)ESME MORIくんと一緒に3人で作ってるときの感じが楽しくて。新鮮さがあったんだよね」と制作時のエピソードを披露。作詞を担当したPORINは「“悲しい曲にしよう”というのは最初からあって。歌詞をメロディにハメるのが難しかったんだけど、atagiさんの歌のニュアンスでいい感じになりました。〈言って、今度いつ会える?〉を女の子の声を入れられたのも良かった。男性目線の曲なんだけど、結局、(女性も)同じことを思っているっていう」と語った。

 atagiが挙げたのは、アルバムのリード曲「最後の口づけの続きの口づけを」。男女のツインボーカルというACCの特徴を活かしたポップチューンだ。「この曲が出来るまで、アルバムの完成が見えなかったよね。いままでのACCのデュエットソングを意識しながら、音楽のトレンドの変化に食らいついて、新しいことにチャレンジできたのがデカいなって」というatagiのコメント通り、既存のACCのパブリックイメージを踏まえつつ、サウンドメイク、歌詞の両面においてさらにアップデートさせた楽曲に仕上がっている。

 そしてPORINは、自ら作詞した「Okey dokey」をリコメンド(メンバーは“オキドキ”と呼んでいるそうです)。5周年を迎えたACCの現状をストレートに反映したこの曲は、アルバム『Grow apart』において、メンバー自身の生の感情がもっとも強く表れた楽曲と言えるだろう。

「この5年、私たちはいろんなことを経て……泣きそうになるね。本当にACCって。不器用だし、“いい感じかも”というときに2歩くらい下がったり、追い風に乗り切れないこともあって。いろいろあったけど、5年間音楽を続けて、ACCがここにあるのは奇跡だなと思うし、オールOKだなって」と楽曲に込めた思いを話したPORIN。それに対してatagiは「〈時代は僕らに追いつき 新しい波生まれる〉という歌詞がすごいと思った。すごい覚悟だし、PORINだから書けた歌詞だなと」と称賛を送った。

 この後は、本作に参加したアレンジャー、トラックメイカーの話題へ。アルバム『Grow apart』には、久保田真悟(Jazzin’park)、ESME MORI、トオミヨウ、田中隼人、永野亮(APOGEE)などのクリエイターが参加、ACCのサウンドの進化に大きな影響を与えている。このことについてユキエは「『アンビバレンス』を作ったときに、初めてESME MORIさんとタッグを組んで。そのときにトラックメイカーと一緒にやることに前向きになれたから、感謝だね」とコメントした。

 また、「atagiとPORINの声の重なり方が気持ちいい」というファンのコメントに反応し、「最初の頃は(声が)ぶつかりまくってたけどね(笑)。それも5年間の成果」(PORIN)、「完全な調和ではなく、分離していても気持ちいいところにいけるようになったというか。今回のアルバムからも各メンバーの円熟味を感じてほしい」(atagi)とコメント。アルバム『Grow apart』の音楽的な充実をアピールした。

 さらに、この日の生配信のために制作されたという「最後の口づけの続きの口づけを」の“Stay home session”(メンバーの演奏をリモートでつないだアコースティックセッション)を公開。コメント欄には「最高!」「ぜひアーカイブで残してほしい」という声が並んだ。

 「シンプルに、超いいアルバムになったと思うよ。自分たちにワクワクできていることも嬉しい」(atagi)という新作『Grow apart』。バンドの体制の再構築、音楽的なトライ&エラーを経て辿り着いた本作によってACCは、新しいキャリアに向かって進み始めることになりそうだ。

Awesome Home Club
Awesome City Club『Grow apart』

■アルバム情報 
『Grow apart』
配信はこちら

パッケージ情報
発売日:未定
・初回生産限定盤(CD+Blu-ray)
価格:¥4,300(税抜)
・CD
価格:¥2,800(税抜)
【CD】
1. トビウオ
2. アンビバレンス
3. 最後の口づけの続きの口づけを
4. Heart of Gold
5. バイタルサイン
6. タイムスペース
7. Black and Blue
8. but×××
9. ブルージー
1O. Okey dokey
11. STREAM

【Blu-ray】
Awesome talks –Nice Buddy Tour 2019- 2019.12.24 @ SHIBUYA WWW X
1. 青春の胸騒ぎ
2. 4月のマーチ
3. アウトサイダー
4. 君はグランデ
5. ブルージー
6. タイムスペース
7. アンビバレンス
8. pray
9. Don’t Think, Feel
10.SUNNY GIRL
11.今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
EN1.Catch The One 

Awesome City Club Official HP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる