清水翔太、新曲「416」タイトルが表すもの アルバム制作に対する思いも語る 

清水翔太、新曲「416」タイトルが表すもの アルバム制作に対する思いも語る 

 清水翔太が約8カ月ぶりとなる新曲「416」を配信リリースした。昨年発表した「Sorry」「Breathe Again」はトラップやEDM、トロピカルハウス等の要素を盛り込んだナンバーだったが、今回は路線を変えてアコースティック調のしっとり爽やかR&B。

 近年多用していたオートチューンも使われておらず、翔太の地声の温もりがやさしく伝わってくる楽曲になっている。歌詞に綴られているのは、思い通りにいかないもどかしさが甘酸っぱくてキュンとなる恋物語。このラブソングを翔太はどんな思いで書いたのか。気になる「416」というタイトルの理由、現在の曲作りペース、さらにはコロナ禍で自粛生活が続く現状に対する思いまで語ってもらった。(猪又孝)

ポップに可愛い方向に振り切った

ーー今回の新曲「416」は、いつ頃作った曲なんですか?

清水翔太(以下、清水):トラックは去年の10月に作ってあって。良い曲になりそうだなという感触はありつつ、日本語の歌詞が浮かばないから放っておいた曲で、今年3月くらいにバババッと仕上げました。

ーーどのような曲調をイメージして制作に取りかかったんですか?

清水:基本的に今、自分の中で、今まで通りのトラップっぽい音作りと、昔みたいな優しいポップ路線という2つの方向性が大きくあって。トラップっぽいものができたら、優しい曲ができたりするっていう中で、次のアルバムの路線を模索している状況がずっと続いてるんです。ただ、良い曲かなと思える曲が優しい方向の中でポツポツできてきていて。なんとなく次のアルバムはそういう路線で行ってみようかなという気持ちもあって、その方向で行くならこれがシングルになってもいいのかなと思ってました。

ーー歌詞はどのような思いで書き始めたんですか?

清水:過去イチかわからないけど、とにかくポップに可愛い方向に振り切ってみようと思ってました。 〈君を守るナイトになる〉の辺りとか、正直ヤバイなぁと思いながら書いてましたね(笑)。

ーー今回の曲は、相手に好意を上手く伝えられない男性が主人公になっています。

清水:僕がよく書くテーマではあるんですけど、「花束のかわりにメロディーを」と一緒で、実らない恋に一生懸命になる男の子の話というか。モテない男のラブソングみたいな感じですね。

清水翔太「花束のかわりにメロディーを」

ーー相手の女性はどんなキャラクターをイメージしていましたか?

清水:MVでは遊び慣れてる女の子と真面目な男の子っていうストーリーですけど、僕が書いてた段階ではそういうイメージはしていなかったです。相手も主人公の男の子と同じような感じ。あからさまに住んでる世界が違うとか、キャラが違うっていうイメージはそんなになかったです。MVのストーリーは「416」のまた別の捉え方の一つといったところですかね。

ーー10代から20代前半くらいの男女というイメージが沸きました。

清水:年齢は若いイメージですね。ピュアな感じ。だからMVに登場する人物くらいの年齢でいいのかなって感じがします。

清水翔太 『416』 Music Video

ーー10代に向けた曲を作ろうという意識は当初からあったんですか?

清水:男性目線のラブソングって、曲からイメージされる年齢が若ければ若いほど、男性リスナーに対して間口が狭くなっちゃうと思うんです。俺はもうこんなふうには思えない、みたいな感じで終了というか。だけど、女性はいくつになっても、こんなピュアに思いを寄せてくれる男性はいいな、可愛いなっていうふうに取ってもらえるんじゃないかと思うんです。逆に20代後半とか30代くらいの感覚でラブソングを書くと、女性リスナーへの間口が狭くなっちゃう感じがしていて。若い女性には想像できない世界になっちゃうみたいな。今回は振り切ってポップに書こうという気持ちもあったんで、より間口を広くするという意味で、少し若いくらいの設定がちょうどいいかなと思ったんです。

ーーサウンドメイクの部分で注意した点やこだわった部分は?

清水:今回はアコースティックな雰囲気にしたかったんです。とはいえ、音は全部打ち込みなんですよね

ーーあの綺麗なストリングスも?

清水:ストリングスも全部打ち込み。だから打ち込みでどこまでアコースティックで温かい雰囲気にできるかっていうのは頑張りどころでした。ただギターの音はあえて少しチープな音源を使っていて。もっとリアルなギターの音源も持ってるんですけど、あの一定のダイナミクスな感じがいちばんトラックにマッチしたんです。だから、ギターだけはあえて打ち込みっぽくした感じですね。

ーー今回はオートチューンを使ってないし、こういう落ち着いた風情のR&B路線は久々ですね。

清水:僕はトラップ系のR&Bも好きですけど、カントリーな感じのR&Bもかなり好きなんです。僕の曲で言うと「milk tea」とか、そういう路線のアプローチですね、今回は。

ーー確かに。

清水:「milk tea」は人気のある曲だし、とりあえず次のプロジェクトに関しては、その辺のラインを狙っていってみたいかなっていうところはあります。「milk tea」はすごく重要な曲なんですよ。

清水翔太「milk tea」

ーー重要というのは?

清水:今の自分のプロダクトに影響を与えた曲だから。自分がやるべきことの中の正解っていうのがいくつかあって。自分がどれだけその曲を良いと思うかとは別の軸で、結果がどう出たかっていう意味で、ひとつの正解みたいな立ち位置にある曲なんです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる