ONE N’ ONLYが語る『ON’O』に込めたグループの結束力とメッセージ 「過去・現在・未来、すべてが入っている」

ONE N’ ONLYが語る『ON’O』に込めたグループの結束力とメッセージ 「過去・現在・未来、すべてが入っている」

 スターダストプロモーション所属のダンス&ボーカルユニット・ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)が2020年4月15日、1stアルバム『ON’O(オーエヌオー)』をリリースする。オリコンウィークリー1位を獲得した「Dark Knight」や「Category」、「My Love」といった既存曲に新たな方向性を示す新曲を加えた計15曲を収録。デビューから快進撃を続けるグループの栄光の軌跡と未来がこの1枚でわかるような作品に仕上がっている。新体制でのスタートを切ったばかりの彼らにアルバムに込めた思いを存分に語ってもらった。(まつもとたくお)

やりたいことが固まってきた(NAOYA) 

ーー新しい編成になって3カ月ほどが経ちました。現在はどのような心境でしょうか?

HAYATO:一人減ったことで寂しいと感じる人がいるかもしれませんが、そう思わせないようにするのが当面の目標です。この6人にしか出せない魅力をフルに発揮して「前よりかっこ良くなった」「迫力が増した」と言われるようにしっかりレベルアップしていきたいです。

KENSHIN:結束力という点では強くなっているような気がします。

ーーまもなく待望の1stアルバムがリリースされます。今の気持ちを聞かせてください。

NAOYA:記念すべき初のアルバムは、ONE N’ ONLYの頭文字を並べた『ON’O』というシンプルなタイトルにしました。シングルを3枚出した今、やっと僕たちのやりたいことが固まってきたような気がするんです。歌って踊るだけじゃなくて、社会的なメッセージも発信することがグループとしての役目じゃないですけれども、僕たちなりの見せ方だと思っています。本作のリードトラック「Shut Up! BREAKER」を聴いていただければ、そんな気持ちをわかってもらえるはずです。

ーー新曲が6曲収められています。まずはNAOYAさんお薦めの「Shut Up! BREAKER」ですが、ネット社会で起こる無責任な“魔女狩り”的な風潮を批判していますね。

NAOYA:楽曲を通じて何らかのメッセージを世の中に向けて発信できないかなと、音楽プロデューサーのJUNEさんと前から話をしていてできた曲なんです。

ーーこういうアプローチはロックやパンクといったジャンルではよくありますが、日本のダンスミュージックではめずらしいですよね。みなさんもいつも以上にパワフルに歌っているのが印象的でした。ラップもかなりインパクトがありますね。

KENSHIN:この曲はラップの掛け合いが多くてスピード感もかなりあります。今までは、HAYATOは押しが強くて僕はソフトというギャップが売りだったと思うんですけれども、今回は二人とも攻めに攻めています。

ーー中でもHAYATOさんの〈強気になってんじゃねえよ〉はインパクトがありますしね。

HAYATO:ラップというよりもドラマの台詞みたいですよね(笑)。この部分は何回も録り直しました。言葉のニュアンスをいろいろと変えてみて、いちばん良いと思ったテイクを採用したんです。あざ笑うような感じで言ったのがOKテイクとなりました。

ーーボーカルチームのみなさんは歌ってみていかがでしたか?

TETTA:普段はどっちかというとメロディアスな曲を歌うのが得意な方なんですけれども、この曲はとてもハードで、なおかつメッセージ性が強い。JUNEさんからも「もっと強く歌いなさい」とアドバイスをいただいて、自分の魂の叫びみたいなものをすべて吐き出すように歌いましたね。

EIKU:メッセージ性の強い曲で、しかも僕たちにとって身近なテーマです。僕もこういったつらい経験が多少あるので、そういったことを思い出しながらレコーディングにのぞみました。

REI:EIKUと同じように僕も似た経験があるので、気持ちが入りやすかったです。あとSNSって、実際に人に会って言えないことをネットに書き込んで、それで誰かを傷つける。そのことに対しても警告を鳴らしている曲だと思います。

ONE N’ ONLY/「Shut Up! BREAKER」Music Video

ーー「もっと大きな愛で包み込むから…」(ONE N’ ONLY feat. K)」は、テレビドラマ『運命から始まる恋 -You are my Destiny-』の挿入歌ですが、ボーカルチームの集大成のような曲ですね。REIさんの清潔感のあるなめらかな歌声にTETTAさんの甘いハスキーボイス、EIKUさんは包み込むような優しい歌声と、それぞれの個性を生かせる曲調で歌いやすかったのではないですか?

EIKU:そうですね。バラードはダンスポップのようなアップテンポの曲よりも比較的バックの音数が少ないので、よりボーカルがひき立ちます。今回のアルバムは僕たちの歌声の魅力をストレートに伝えることができるバラードが多く収録されているのも注目してほしいポイントですね。

ーーもうひとつの挿入歌「Destiny」(ONE N’ ONLY feat. JUNE)もボーカルチームの力を合わせたような仕上がりです。とても甘いバラードですよね。こちらは曲を書いたJUNEさん自らが歌に参加しています。気心知れた方とのコラボなのでリラックスしてレコーディングできたのではないでしょうか。

TETTA:はい、そうなんです。この曲は通しで歌った後にJUNEさんが気になるところを修正する、そういう作業を何度か繰り返して作り上げました。「この部分はこういう風に表現して良かった」って思うほど完成バージョンにはとても満足しています。

ーー「Beautiful」はかなりK-POPの雰囲気に近いものがありますね。躍動感のあるリズムがいかにもK-POPらしいと思いました。曲を書いたのはBTSやWanna Oneといった韓国のトップグループの楽曲を手掛けてきたVENDORSというプロデューサーチームです。

HAYATO:このチームがすごく有名だと以前から知っていたので、曲を提供してもらえたのはとても嬉しいです。ベースが弾んでいたり、歌詞がユニークだったりと、いろいろと気になる仕掛けが入っているし、とにかくリズムが変わっているので、ダンスをどうするか悩んでいます。作り甲斐がありますね。

ーー素人が想像しても振り付けがむずかしそうだとわかるほど凝ったリズムですよね。

HAYATO:ダンスでこの曲の世界観をうまく表現したいなと思っています。

ーー言葉の乗せ方も日本のそれとは異なる感じがしましたが、歌うのも大変だったのではないでしょうか。

HAYATO:聴いていてむずかしそうだった。特にREI君のパートとか。

REI:変則的なリズムに慣れていないせいか、練習中は苦戦しました。でも、今泉圭姫子さんが書いてくださった歌詞のおかげもあって自分なりにこの曲の世界観を表現できたと思います。

ーー「Breathe」はスマートなボーカルとラップが印象的ですね。アコースティックギターではじまるクールなダンスポップです。今までのONE N’ ONLYの楽曲とは違う雰囲気に仕上がっていますよね。

HAYATO:ラップについては2パターンを試したつもりです。いつもはメロウっぽいのをKENSHINがやって、強めなのを俺がやってと交互にやる感じなんですが、今回はエッジの効いたラップと、がなりつつリズムを強めに刻んでいくラップを二人とも挑戦しています。

KENSHIN:僕のパートでは低いトーンのラップをやるところがあって、しかもメロウに響かせなければいけなかったので、ものすごく難しかったです。

Arrow
Arrow
TETTA
ArrowArrow
Slider

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!