乃木坂46 白石麻衣、卒業前ラストの『Mステ』出演 ゆかりある3曲披露&番組全出演シーンを一挙公開

乃木坂46 白石麻衣、卒業前ラストの『Mステ』出演 ゆかりある3曲披露&番組全出演シーンを一挙公開

 4月3日放送の『ミュージックステーション 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に乃木坂46・白石麻衣が卒業前最後の出演を果たす。

 乃木坂46から卒業する白石にとって最後のシングル曲となる「しあわせの保護色」。今回は同曲のほか、白石にとって最初のセンター曲となった2013年リリースの「ガールズルール」、そして白石のセンター曲として大ヒットした2018年の「シンクロニシティ」をパフォーマンスする。

 今回披露する3曲について白石は「3曲ともメロディもメッセージ性も全然違うので、それぞれの楽曲を一つ一つ届けられるように頑張りたい」と意気込みを語る。最後の『Mステ』出演についても「とっても寂しいです。たくさんお世話になりましたし、大好きな番組だったので、これが最後なのかなって思ったら一気に緊張しますが、最高のパフォーマンスをお届けできるように精一杯頑張ります」と力強いメッセージを寄せた。

 さらにVTRでは白石のMステ全出演シーンを一挙公開。白石自身もこれまでで思い出深い『Mステ』の出演回を回顧。「初めて乃木坂以外で出演したのでドキドキでしたが、東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの優しさに包まれて楽しくパフォーマンスできました」と話す、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ出演回、「テレビ初パフォーマンスで、みんなでたくさん練習したし、難易度の高いダンスなので一番緊張しました。でも納得のいくパフォーマンスはできず……。その後スーパーライブでまた披露できたときは、気持ちよくパフォーマンスできました」と話す「インフルエンサー」初披露回、そして「きっかけ」「スカイダイビング」「ありがちな恋愛」など、アルバム曲を披露したことについても「アルバム曲をテレビで披露することって中々なかったのですが、ファンの皆さんも好きな曲だったりするのでとってもうれしかったです」と振り返ったとのこと。

 そして最後に白石は「今回が私にとってラストシングルでMステさんでのパフォーマンスも最後になると思いますが、見てくださる皆さんに幸せを届けられるようにみんなで頑張ります」と気合いを。さらに「機会があればまた出演したいです(笑)」と笑顔で語ったという。

■番組概要
『ミュージックステーション』
MC…タモリ/並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)
4月3日(金)夜7時~ 3時間スペシャル

<出演アーティスト>(50音順)
いきものがかり「生きる」
Uru「あなたがいることで」
Kis-My-Ft2「To Yours」
GLAY「Into the Wild」「視聴者投票企画で1位になった曲」
三代目 J SOUL BROTHERS「Movin’ on」
ジャニーズWEST「W trouble」
JUJU「この夜を止めてよ」「やさしさで溢れるように」「SWEET MEMORIES」
スキマスイッチ/志尊淳/城田優「全力少年」
東京事変「永遠の不在証明」「能動的三分間」
東京スカパラダイスオーケストラ「Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko」
Toshl「視聴者が選ぶ“カバーしてほしい女性アーティストの春うた”」①LiSA 「紅蓮華」②安室奈美恵「Hero」③柏原芳恵「春なのに」
乃木坂46「ガールズルール」「しあわせの保護色」「シンクロニシティ」
宮本浩次「きみに会いたい -Dance with you-」「赤いスイートピー」
YOSHI「VOICE」

公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる