NEWS 手越祐也、後輩たちに頼られる理由は“切り替え力”にあり? 『KちゃんNEWS』で明かされた指導者としての顔

 NEWSの手越祐也が、ラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)3月3日放送回に登場。メインパーソナリティを務める小山慶一郎から「何人やってるの? ボイトレ、今!」と尋ねられ、「今(ジャニーズJr.)6〜7人プラス何個かのグループのライブを見たボーカル指導とかやってます」と答えた。

 小山曰く、メンバーとNEWSの音楽プロデューサーで共有してるフォルダがあり、手越のところにどんどん後輩たちの曲が入ってくるので、それを見て「今、このグループを教えてるんだ」と、わかるのだという。なかには、ジャニーズではない曲も入っていることもあり、手越が指導しやすい課題曲としてセレクトしているようだ。

 「もともとやってたのもあったけど、急にでもちゃんとそうなったよね。何か教えるっていうさ」と小山が続けるように、手越は数年前から後輩たちの面倒を見てきた。2018年のはじめにも同番組で「4〜5人ボイトレしてるもん、今」と明かしていた手越。そんな彼を慕う後輩の一例として、京本大我やジェシーの名前も挙がっていた。その後、2人はSixTONESとして2020年1月22日にCDデビュー。「その子たちがグループとか組んで、前張ってボーカルで歌ってたら、やっぱうれしいよね」と話していた手越にとって、講師冥利に尽きるデビューだったのではないだろうか。

 後輩たちが手越にボイトレを依頼するのは、歌唱力の向上のためだけではなさそうだ。「こういう性格だからね。すごい頼られんのよ(笑)。明るいし、ネガティブなこと言わないし。ボイトレのときにも、やっぱり“こういう悩みがあるんです“とかも正直聞くしね。でも、やっぱ悩める時間があったらさ、ポジティブに歌の練習だったり、踊りの練習だったり、ファンを幸せにすることっていうものを考える時間にあてたほうがいいじゃん?」そんな手越の前向きな切り替え力が、デビューを目指して切磋琢磨するジャニーズJr.たちには必要なのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる