Hey! Say! JUMP、『I am / Muah Muah』が大差で首位に グループとしての柔軟で変幻自在な魅力を紐解く

参考:2020年3月9日付週間シングルランキング(2020年2月24日~2020年3月1日)

 最新のオリコンシングルランキングによれば、Hey! Say! JUMP『I am / Muah Muah』が206,295枚を売り上げて1位を獲得。続いて22/7『ムズイ』が34,352枚で2位、花咲夜[エミリー スチュアート(郁原ゆう)、白石紬(南早紀)、天空橋朋花(小岩井ことり)]『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER WAVE 06 花咲夜』が29,802枚で3位という結果になった。Hey! Say! JUMPが2位以下に大きな差をつけて首位を記録した週となった。

 26枚目となる今作は「I am」(中島裕翔主演/テレビ東京系ドラマホリック!『僕はどこから』主題歌)と、「Muah Muah」(コーセーコスメポート「フォーチュン」CMソング)の両A面シングル。テイストの異なる2曲を表題に据えたことで、彼らの幅広い魅力を楽しむことができる1枚になっている。

 「I am」は、激しくもヘヴィーなギターサウンドが印象的な一曲。作詞をMeerkat、作曲をFuruse Kai、編曲を2004と遠藤ナオキがそれぞれ担当している。バイオリンの優雅な響きの中で、エレクトリックなアレンジも冴え渡りつつ、サビでの力強い〈叫べ〉のフレーズがリスナーに働きかける。聴く者へ雄弁なメッセージを放つ、彼らのクールな側面を感じ取れる作品だ。

 一方で、「Muah Muah」は彼らの甘く艶めいた姿を堪能できるダンスナンバー。作詞を辻村有記、作曲を辻村有記と伊藤賢、編曲を石塚知生がそれぞれ担当している。ギターのカッティングが軽快に鳴る中で、サビでの〈ル・ル・ルージュ〉のフレーズが非常にキャッチー。優しく語りかけるような歌い方も楽曲の魅力をよく引き出している。激しく鋭敏な「I am」に対して、「Muah Muah」の多幸感が心地よい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる