Hey! Say! JUMP 中島裕翔、“自分探し”を描く表現力 『僕はどこから』出演を機に考察

 Hey! Say! JUMPの中島裕翔主演のドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系)で、1月8日よりスタートした。原作は、市川マサの同名漫画。中島は、書き写すことで他人の思考をコピーすることができる特殊な能力を持つ、小説家志望の主人公・竹内薫を演じる。

 これまでも多くの作品に出演し、以前から高い評価を得てきた中島の演技。なかでも、視聴者の胸を掴むのは、追い詰められるキャラクターだ。まっすぐに生きようともがくのに、理不尽な境遇に悩まされる、いわゆる善良な一般人を演じるのが抜群にうまい。

 元来、中島は恵まれた側の人間だ。ジャニーズに入るいなや人気者となり、先輩アイドルの作品にも抜擢され、CDデビュー前から雑誌の表紙を飾ったほど。家族愛あふれるエピソードが多く語られ、カメラや乗馬など多くの趣味を持ちプライベートも充実。今では、アイドルのみならず、モデル、俳優としても、その才能を発揮させ、まさに順風満帆な人生に見える。

 そんな彼が、苦悩に満ちた人生を送るキャラクターを演じるのがうまいのは、なぜか。それは、彼が大きな挫折を経験したから。Hey! Say! JUMPとしてCDデビューした直後、彼はグループのセンターに立っていた。だが、すぐにその座には山田涼介が立つことになる。

 今でこそ、雑誌の対談などで「あのころは嫌いだった」と笑いながら言い合えるようになった中島と山田。彼らは今や、最高のライバルとしてお互いに切磋琢磨する仲だ。今シーズンも、中島が本作で主演を務めれば、山田の主演映画『記憶屋』が公開される。だが、そんなふうに認め合えるようになるまでには、お互いに葛藤があった。中島に至っては、もともと多くを持っていればこそ、思い通りにいかなかったときのショックが大きかったはずだ。

 深く傷つきながらも心を立て直し、求められることを全うしながら、苦しい体験を演技へと昇華したのは、見事の一言。アイドルとしての華々しいオーラをただ放出するだけでなく、その場に応じて調整していく。それゆえに、彼は追い詰められる弱者を見事に演じきることができるようになった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!