UVERworld、sumika、KANA-BOON、Lucky Kilimanjaro……バンドのスタイルを活かし新たなアプローチを取り入れた最新作

 ライブ中止のニュースで埋め尽くされた2020年の3月、それでも素晴らしい音楽は次々と生み出されている。今回はUVERworldの今年最初のシングル、全国アリーナツアーを控えたsumikaの新作EPなどを紹介。バンドのスタイルを活かし、新たなアプローチを取り入れた楽曲をたっぷりと楽しんでほしい。

UVERworld『AS ONE』(通常盤)

 昨年12月に10thアルバム『UNSER』をリリース、東京ドーム2DAYS公演を成功させるなど、日本のバンドシーンを牽引し続けるUVERworld。現状に満足することなく、音楽性と活動スタイルを常に更新し続ける彼らの姿勢は、2020年最初のシングル『AS ONE』にも強く刻み込まれている。表題曲「AS ONE」は(アルバム『UNSER』と同様)、現在進行形のオルタナR&B、EDMなどのトラックメイキングを取り入れながら、これまでに積み上げてきたロックバンドとしての強靭さを反映させた楽曲。理想と現実、陰と陽、正義と悪などの二項対立を乗り越え、新たな未来を目指す意思を感じさせるリリックからも、現在のUVERweorldのモードが真っ直ぐに伝わってくる。ドラムンベース、ヘビィロック、ジャズなどが混然一体となったインストナンバー「Spreadown」におけるメンバーのプレイヤビリティの高さにもぜひ注目してほしい。

UVERworld 『AS ONE』x『仮面病棟』Music Video Short ver.
sumika『Harmonize e.p』(通常盤)

 2ndアルバム『Chime』(2019年3月)がロングセールスを記録し、sumikaが自身最大規模の全国アリーナツアーの直前にリリースする新作EP『Harmonize e.p』は、このバンドの豊かな音楽性を改めて提示すると同時に、新たなアプローチがふんだんに取り入れられた作品。リード曲「センス・オブ・ワンダー」は、しなやかなハーモニーから始まるポップナンバー。カントリー、ホンキートンク、ブギウギなどの古き良きサウンドを現代的なバンドサウンド、“自分のやりたいことに向かって進んでみよう”というメッセージを込めた歌詞など、sumikaらしさ満載の楽曲だ。さらにスカ、ダンスホールのリズムを取り入れた「ライラ」、ファンク、ソウルの色合いを感じさせる「No.5」、変わりゆく人生のなかで、一生君を愛したいと誓うラブバラード「エンドロール」を収録。

sumika×進研ゼミ「センス・オブ・ワンダー」スペシャルムービー

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!