BALLISTIK BOYZが語る、『ANTI-HERO’S』で打ち出せた“変幻自在”なグループの色 メンバーの関係性に変化も

BALLISTIK BOYZが語る、『ANTI-HERO’S』で打ち出せた“変幻自在”なグループの色 メンバーの関係性に変化も

 BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが、2月12日に2ndシングル『ANTI-HERO’S』をリリースした。同作はグループ初のツアー『BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 “BBZ”』のキックオフとなるシングルで、本格始動し始めたBALLISTIK BOYZらしさを早くも打ち出した作品に仕上がっている。インタビューでは楽曲のことに加えて、2019年のカウントダウンライブや「BATTLE OF TOKYO」を経てEXILE TRIBEの一員としての実感や、「LDH PERFECT YEAR 2020」への意気込みなどについても語ってもらった。(編集部)【※インタビュー最後にプレゼント情報あり】

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE / 「ANTI-HERO’S」 Music Video

「憧れていた人たちと同じステージに立つのはすごく不思議な感じでした」

左から:砂田将宏、深堀未来、海沼流星

――アルバム『BALLISTIK BOYZ』でメジャーデビューし、今回の『ANTI-HERO’S』は昨秋の『44RAIDERS』に続く2枚目のシングルになります。初のツアー『BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 “BBZ”』を控えてのリリースですね。

海沼流星(以下、海沼):ツアーができるのは自分たちにとって一番大きい出来事なので、そのスタートをこのシングルで切れると思うと、自分の中ですごく気合が入りました。

松井利樹(以下、松井):2020年一発目の作品になるので、あらためて一人ひとりが持っているものを全力で詰め込んだシングルになっていると思います。一つひとつのこだわりが自分たちのスタイルにつながってくると思うので、レコーディングでもそこを意識していました。

――そこでいう「こだわり」とは具体的にはどういうことですか?

松井:「ANTI-HERO’S」という曲には「何があっても自分を信じる」という意味が込められています。「はみ出しものでも、自分を信じてがんばっていけばその先に光が見えてくる」というか。だから自分がかっこいいと思ったものを信じて、それを貫いてレコーディングに取り組みました。

奥田力也、加納嘉将

奥田力也(以下、奥田):今年は「LDH PERFECT YEAR 2020」なので、自分たちの単独ツアーはもちろんですし、いろんなステージに立たせていただく機会が増えると思います。だから去年よりもBALLISTIK BOYZという存在を広げていけるように、1曲1曲に気持ちを込めました。また新しい僕たちを見ていただけるんじゃないかなと思います。「ANTI-HERO’S」も、7人で「ライブでこういうことができたらいいね」とアイデアを話し合って楽しみにしているので、そのキックオフとしてシングルも聴いていただきたいなと思います。

深堀未来(以下、深堀):『ANTI-HERO’S』は4曲それぞれに自分たちらしさが詰まっているんですけど、リード曲は特に曲名も内容も自分たちのスタイルを貫き通すことを表現していて、まさに自分たち自身がこれまでそうやってきました。そういう意味でもすごく気合の入った1枚になったのかなと思います。

――4曲目の「Strangers」はR&B調で、BALLISTIK BOYZのこれまでの曲と比べても珍しいですよね。

日髙竜太(以下、日髙):自分でも聴けば聴くほどすごくハマっていった楽曲です。去年デビューさせていただいてからリリースした中で、いちばん大人な楽曲になっています。表現の仕方もすごく工夫して、何回も録り直してこだわりました。BALLISTIK BOYZの新しい一面を届けたいです。

砂田将宏(以下、砂田):めっちゃ難しかったです。でも本当にめちゃくちゃいい曲。歌詞もそうだし、メロディのラインもいい歌です。

日髙:びっくりするだろうね。

砂田:うん。これは「お、そう来たか」みたいになるよね。早く聴いてほしいですね。

加納嘉将(以下、加納):デビューアルバムでも「Crazy for your love」というバラード曲があるんですが、それとも真反対というか。さっき(日高)竜太が言っていたように、表現もまったく違います。ギャップが本当にすごいので、「Crazy for your love」と聴き比べてみてほしいですね。

深堀:僕たちは結成当時から「変幻自在」と自分たちで言っているんですが、こういう歌も歌えるという新しい一面がシングル1枚に詰まっていて、まさに「変幻自在」なんだと伝われば嬉しいです。

松井利樹、日髙竜太

――『ANTI-HERO’S』を聴いて、歌い方やラップの仕方が従来のEXILE TRIBEにはあまりなかったスタイルなのではないか、とあらためて思いました。そのあたりはどのくらい意識的なんでしょうか?

加納:今回は特に自分のルーツになっているような好きな音楽を多く取り入れて、なおかつその好きな要素を表現しようと意識しました。クセが出すぎたり”自分”すぎたりしたら調整するんですけど、なるべく一度フルでやってみて、引き算をするというか。それはいつも念頭に置いています。

奥田:もちろん先輩方とは違った世界観や歌い方も常に目標にしているんですが、特に今回は、元気の良さと勢いを表していた「テンハネ -1000%-」とは逆に、ドシッと構えて堂々とパフォーマンスしたいと思っていました。勢いはそのままに、プラスひとつ大人になったというか。なのでそこを意識して構えた状態でレコーディングしたのが個人的には大きかったです。

日髙:自分たちが自分たちらしく歌もラップも表現しやすい環境があるのがいいのかなと思います。すごくありがたいことに、いただくトラックや楽曲がかっこいいですし、EXILE TRIBEでいちばん新しいグループなので常に新しいことにチャレンジさせていただいていると思います。もちろんEXILE TRIBEというものを自分たちも受け継いでいかないといけないんですが、違ったように攻めてもいいのは本当にありがたいところです。個人的には、レコーディングする際に「EXILE TRIBEっぽく」と考えてはいないですし、自分なりに歌ってそれがハマったら大丈夫だと思ってます。みんなそういう感じだと思うので、それを聴いて先輩方と違うように感じてもらえたことが今うれしいです。引き続き、そうやって自分たちらしさを追求していけたらなと思います。

――年末年始はカウントダウンライブで先輩たちと同じステージに立ちました。去年は「BATTLE OF TOKYO」もありましたが、さらに上の先輩たちとドームのステージに立てたことは大きい意味を持つのではないでしょうか。

海沼:EXILEさんをはじめ、夢を追いかけてた頃に憧れていた人たちと同じステージに立つのはすごく不思議な感じでした。自分はずっとサポートダンサーとしてついていたので、同じアーティストという立場で踊れて嬉しかったです。EXILE TRIBEの一員になったんだな、とあらためて実感できました。

砂田:カウントダウンライブでは全出演者のリハーサルを全出演者が見ていて、僕らのリハーサルも先輩方が見てくださったんです。ある意味ではお披露目というか、ちょっとでも先輩たちに成長した姿を見てもらいたいという思いもありました。普段、先輩方にパフォーマンスを見ていただく機会はなかなかないので、すごく良かったです。

――リハーサルで先輩に声をかけられたりしましたか?

砂田:「めっちゃかっこいいね」と褒めてくださる先輩は何人かいましたね。MATSUさんとか。

日髙:MATSUさんはいつも言ってくれるんですよね。

砂田:オリジナルメンバーの方に言われるのはめちゃくちゃ嬉しいです。

松井:フリを真似してくれたりね。「EXILE内で流行ってるよ」って言われました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!