香取慎吾のブログが問いかけるもの 『空想ファンテジー』に広がるちょっと一息つけるエンタメの世界

 香取慎吾が、最も注目されたブログに贈られるAmeba『ブログ・オブ・ザ・イヤー2019』の優秀賞を受賞した。香取がブログを始めたのは2019年1月のこと。元日に放送された『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)にて、稲垣吾郎、草なぎ剛とSNSシャッフルを発表し、それまで香取が展開してきたTwitterやInstagramに加えて、ブログをスタートさせることになったのだ。

 香取のブログタイトルは『空想ファンテジー』。多くの芸能人がブログで、プライベートな「現実の一部」を見せてファンを楽しませているのに対して、香取のブログは「空想」をテーマにしているのが特徴的。現実を生きるために、現実を離れる時間を大切にしたい。そんな彼の変わらぬ少年心を感じさせるブログだ。

 香取がSNSを始めたのは2017年のこと。それまで、Webの世界は未踏の地だったにも関わらず、今ではTwitterで日々のつぶやきを、Instagramではアート作品や加工を楽しんだ写真が並び、ブログでは空想の世界を広げ、今年からはYouTubeでMVやコメンタリー動画を発信している。

 そのメディアの特徴を掴み、自分の一部をうまく整理して掲示するセンスには脱帽だ。きっと、それが自然とできるのも、幼いころから芸能界で育ち、人生をコンテンツ化させることについては「ネイディブ」とも言える香取だからこそ。ビジネスの一端というよりも、SNSという新しいおもちゃをどんどん使いこなしている印象だ。

 今や、画家としても高い評価を受けている香取。その創作活動は思いついたら、いつでも、どこでも。スタジオの片隅でダンボールの裏に描いたり、移動車の中に小さなキャンバスを置いておくこともあったという。ブログに掲載されているイラストも、気の向くままに綴られたもの。そのため、1日に1投稿にとどまらない日もあれば、しばらく空くことも……。

 その投稿頻度を見て、彼のエネルギーが充電されている時期や、「現実」の創作活動に放電されていることを、“言葉“以上に感じられるという意味では、このブログからも十分彼のプライベートを察することができるツールでもあるのだ。

 加えて、「空想」とは言いつつも、現実と全くかけ離れた話とも言い切れない。実際に、飼っているわけではないけれど、彼の日常にたびたび顔を出すという“黒いうさぎ“。床に絵を描いちゃダメ、壁にも描いちゃダメ、顔にもダメ……と言われて頬に“NO”の文字を描いた少年には、どこか香取の面影を感じずにはいられない。彼の心のどこかにある「空想」の世界を、まるで夢の中の一部に迷い込んだように、私たちはブログを通じて覗き見しているのだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!