LDHカウントダウンライブで8万人と新年祝う 「LDH PERFECT YEAR 2020」華々しく開幕へ

LDHカウントダウンライブで8万人と新年祝う 「LDH PERFECT YEAR 2020」華々しく開幕へ

 LDH初のカウントダウンライブ『LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019▶︎2020 “RISING”』が、12月31日から1月1日にかけて、福岡ヤフオク!ドームにて開催された。EXILE、EXILE THE SECOND、三代目 J SOUL BROTHERS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ、DEEP、DEEP SQUAD、DOBERMAN INFINITYの9組が出演したほか、LDH EUROPE所属のシンガー・Faisや、新たにLDH所属となった“サムライギタリスト”MIYAVIがシークレットゲストとして登場。約8万人の観客(会場3万5000人、全国35都市104箇所で行われたライブビューイング4万5000人)と共に、6年に1度の祭典となる「LDH PERFECT YEAR 2020」の幕開けを盛大に祝った。

 司会を務めたのは、松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAIと、福岡・KBC九州朝日放送『ドォーモ』に出演中の中上真亜子の4人。「LDH PERFECT YEAR 2020」について解説した後は、オープニングアクトとして“Jr.EXILE世代”からTHE RAMPAGEが登場。16人の大世帯を活かしたワイルドなパフォーマンスで「SWAG & PRIDE」などの楽曲を披露し、早くも会場を熱気に包んだ。続くBALLISTIK BOYZは、メンバー7人全員がマイクを持ってアクロバットを得意とする国際派のグループ。「PASION」などの楽曲でめくるめくマイクリレーを披露し、そのポテンシャルの高さを見せつけた。流麗なダンスと爽快感のある楽曲を武器とするFANTASTICSは、会場内に設置された移動式ステージから登場。「Time Camera」などを披露し、新感覚のパフォーマンスに客席からは感嘆の声が上がった。

Arrow
Arrow
松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAI
ArrowArrow
Slider

 Jr.EXILE世代のフレッシュなパフォーマンスの後は、彼らに続く才能を募る「LDH PERFECT AUDITION」の開催も発表。LDH史上最大となる8プロジェクトのオーディションで、ボーカリストやパフォーマーのみならず、俳優や格闘家も募集するとのことだ。ステージには、同オーディションにも携わるボーカリスト集団・DEEPが登場。2019年にオーディションで選出した若手メンバーと新たに結成したDEEP SQUADとして「GET WITH YOU」を歌い上げ、会場を大人なムードに包み込んだ。続いて登場したのは、2019年に念願のアリーナツアーを達成したヒップホップグループ・DOBERMAN INFINITY。その信念を込めた「We are the one」を披露し、会場は大合唱となった。アフロジャックに才能を見出されてLDH EUROPEの所属となったシンガー・FAISは、2020年にとうとう全米デビューが決定。そのデビュー曲「Break into the Dark」を日本初披露し、世界レベルの実力を見せつけた。さらに、EXILE SHOKICHIとMIYAVIが登場し、攻撃的なサウンドが鮮烈なコラボ曲「Fight Club」を披露すると、会場は総立ちの熱狂に包まれた。

Arrow
Arrow
EXILE SHOKICHI、MIYAVI
ArrowArrow
Slider

 2010年代にもっともスターダムを駆け上がったグループの一つであり、2020年に結成10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERSが登場すると、盛り上がりはいよいよピークへ。「J.S.B. DREAM」「Yes we are」「Summer Madness」など、彼らが得意とするダンサブルかつドラマチックな楽曲を立て続けに披露した後は、メロディアスなバラード曲「冬空」へと繋げ、トップグループの貫禄を示した。2020年度は「LDH PERFECT YEAR 2020」に加えて、10周年を記念するプロジェクトも続々と決定している三代目 J SOUL BROTHERS。今市隆二は10周年に向けて「ファンの方と近い距離で、素敵な一年にしたい」、登坂広臣は2020年のツアーについて「エモいライブになると思います」と語り、訪れたファンたちを喜ばせた。

Arrow
Arrow
三代目 J SOUL BROTHERS
ArrowArrow
Slider

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!