解散発表のE-girlsが迎えたアーティストとしての成熟 「シンデレラフィット」ダンス動画から個々のスキルを解説

E-girls「シンデレラフィット」

 E-girlsが、12月27日12時から放送の『MUSIC STATION ウルトラSUPERLIVE 2019』(テレビ朝日系)に生出演し、「ごめんなさいのKissing You」「シンデレラフィット」「Follow Me」のメドレーを披露する。12月22日に新シングル『別世界』リリースイベント内で、2020年いっぱいでの解散を電撃発表して以来、2度目のTVパフォーマンスとなる。本稿では、改めて現在のE-girlsのパフォーマンスがどのようなレベルに達しているのかを振り返り、今夜の放送に備えたい。

 まず、観てほしいのは以下の動画だ。本日披露される「シンデレラフィット」を、スタジオでカメラを固定して定点撮影したものである。

E-girls / シンデレラフィット(CINDERELLA FIT) Dance Practice Video

 E-girlsは、2017年7月に11人体制に変わり、それまでのグループの武器だった“大人数での群舞”を封印することになったのだが、一方で、新たに刻一刻と変化していく複雑かつ幾何学的なフォーメーションと、玄人好みする高度でスタイリッシュな振り付けを獲得したのだ。これはメンバー一人ひとりのスキルアップなしには成し得なかった進化であり、メジャーシーンで活躍するガールズグループのダンスパフォーマンスとしては、最高峰といって良いレベルだろう。LDHが運営する総合エンタテインメントスクール・EXPG STUDIOで子供の頃から鍛錬を積み重ね、数多くのライブをこなし、アーティストとして成熟した現在のE-girlsだからこそ実現できるダンスだ。

 スキルアップによって、メンバー各々のダンスの個性がさらに明確になったのもポイントだ。まずは前列でシンメトリーとなるSAYAKAとYURINO。共にEXPG STUDIO MIYAZAKIの出身である2人は、小柄な体躯を活かしたスピード感あふれるダンスが持ち味であり、YURINOがスワッグなヒップホップを得意とするのに対し、SAYAKAは猫のようにしなやかなムーブを得意としている。同じ振り付けでも、ちょっとした足の動きなどでそれぞれ個性を出しているので、見比べてみると面白いはずだ。

 12秒あたりで後列から一気にセンターに出てくる須田アンナは、パワフルでエネルギーに満ちたダンスが特徴。華麗で柔らかな動きの坂東希と好対照で、2人のダンスがE-girlsの表現に奥行きを与えている。女優としても活躍する石井杏奈と山口乃々華は、E-girlsの最年少コンビとしてグループに愛らしさを添える存在だ。機械仕掛けの人形のようなミニマルな動きの石井杏奈、とびきりの笑顔でキュートに踊る山口乃々華の2人は、ライブで観たら一瞬で心を奪われることうけあいである。

 ツインタワーの愛称で知られる佐藤晴美と楓の長身コンビは、その長い手足を活かした動きの美しさもさることながら、ジャズダンスの素養を持つ佐藤の繊細さ、楓の明るくて華やかな動きがやはり好対照。2人の存在感は、フォーメーションをより立体的に見せることにも一役買っている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる