SixTONESとSnow Man、『紅白』出場への意気込み語る 岩本照「Jr.で学ばせてもらったことの最終地点」

SixTONESとSnow Man、『紅白』出場への意気込み語る 岩本照「Jr.で学ばせてもらったことの最終地点」

 ジャニーズJr.が12月29日、NHKホールにて行われている12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)リハーサルに参加。その中から来年CDデビューが決まっているSixTONESとSnow Manが、メディア向けの囲み取材に応じた。

 ジャニーズJr.はジャニー喜多川氏の追悼企画に特別出演。SixTONESとSnow Manを中心に美 少年やHiHi Jetsなどのユニットも駆けつけ大人数での豪華なステージを展開する。SixTONESのジェシーは「NYCやセクゾ(Sexy Zone)のバックについてきた。今回の企画では全力でジャニーさんの思いを伝えられたら」とコメントし、Snow Manの岩本照は「バックと一番前では景色が違う。Jr.で学ばせてもらったことの最終地点」「令和の大晦日に自分たちがステージの一番前で(ジャニー喜多川)社長の思いを背負いながらステージに立たせてもらうのは、“挑ませてもらう気持ち”と“感謝の気持ち”がある。いままでの『紅白』とはまた違って、身の引き締まるステージ」と意気込みを語る。また、『紅白』のステージについてジェシーは「Jr.らしく派手に。新しい時代を作るという気持ちで引っ張っていきたい」と話した。

 単独として19年ぶりの東京ドーム公演を開催するなど激動の一年だったジャニーズJr.。岩本は「望んでもなかなか味わえない一年を過ごせた。この時代に巡り合えてありがたい」と2019年を振り返り、SixTONESの田中樹は「さまざまな都市のファンに会いに行けたし、素晴らしい楽曲にも巡り合えた」とYOSHIKIが手がけたSixTonesのデビュー曲「Imitation Rain」についてもふれた。また、岩本は「事務所としても個人のグループとしても、2020年もたくさん挑んでいくぞという気持ちが高まった」と2020年への意気込みも語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる