ITZY、チョンハ、MAMAMOO……新たなガールクラッシュコンセプトに挑んだK-POPアーティスト

 2019年、K-POPシーンでは様々な女性グループがガールクラッシュのコンセプトに挑んでいた。昨今の日本でもフェミニズムが台頭する中で、ガールクラッシュなK-POPグループに注目が集まるようになってきている。彼女たちのクールなパフォーマンスはどれも自己肯定感が高く、リスナーにとっても憧れの的のようになることが多いが、 同時にその中でも様々な“私らしさ”が存在することも証明してくれたように感じる。そこで今回は、ガールクラッシュコンセプトの中でも特に今年目立っていたアーティスト3組を取り上げたい。

ITZY『IT’z ICY』

 2019年にガールクラッシュの新しいムーブメントを築いたのは、TWICEの妹グループとして今年2月にデビューしたITZYだ。デビュー曲「DALLA DALLA」のインパクトはたちまち話題になり、YouTubeのMV再生回数も1億回を超えている。彼女たちがガールクラッシュとして新しかった点は、非常にポジティブであったことだ。それまでのガールクラッシュは男性に対する感情を歌うものが多く、クールさだけでなく攻撃的なイメージも強くあった。ITZYは自分の意見ははっきりと述べながらも、常に笑顔であり、キュートさも感じられる。7月のカムバックステージで披露した「ICY」でもITZYのメッセージは変わらず“私は私”でいることであった。ITZYの個性は、“私は私”でいることは普通であり、等身大のティーンとしてブランディングされているところである。そのためメンバー5人全員が、無垢で底抜けに明るく、芯のしっかりある女性という印象を受けるのだ。「こんな友達欲しかった」と思わせるような親近感も兼ね備える大型新人グループは、年末の各授賞式では新人賞を総なめする勢いだ。

ITZY “ICY” M/V

 元I.O.Iメンバーのチョンハは、ソロデビュー3年目となる今年も独自の道を歩いた。2019年の初めに発売した「Gotta go」や、音楽番組で6冠を達成した「Snapping」の他にも様々なアーティストとコラボし、精力的に活動。大人数のアイドルグループが群雄割拠する中、ソロアーティストとして多くの人気を得ている理由は、小柄な身体から繰り出す歌やダンスのレベルが高く、その上セクシーさも溢れているからだろう。ガールクラッシュの中でもいわば“王道”をいくチョンハだが、ギラギラしたパフォーマンスの中でも歌では”あなた”を蔑むことはせず、自身もネガティブな姿を見せないのが印象的である。チョンハ 自身が大人しく謙虚であるといったイメージがあるように、パフォーマンスからも感じられるその上品さは、彼女の個性の一つとして輝いている。また、複雑な世界観を持つ楽曲も多いが、常にパフォーマンスを楽しむその様子は、独立した1人の女性という余裕を感じさせる。女性の細部にわたる心情や、”あなた”との情景を表現できるスキルを持つソロアーティストは稀少だ。バックダンサーを従える迫力のあるパフォーマンスも、他のアイドルグループに劣らない存在感を見せつけている。

청하 (CHUNG HA) – “벌써 12시 (Gotta Go)” Music Video

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる