2010年代韓国ポピュラー音楽を代表するR&Bトラックは? 米ビルボード選定チャートからピックアップ

 2010年代の終わりを迎え、米ビルボードが2010年代のベストK-POPリスト『The 100 Greatest K-Pop Songs of the 2010s: Staff List』を11月末に公開した。ビルボードは同リストの冒頭で、「ここ10年間で韓国のポピュラー音楽が成し遂げた世界的な成長と実績を記念したい」という趣旨を述べている。

 リストに挙げられた楽曲はK-POPのメインストリームであるアイドルが多くを占めている。それゆえにその中に含まれるR&Bのトラックが目を引く。本稿ではbillboardが選定した100曲の中から、2010年代の韓国のポピュラー音楽において欠かすことのできない5曲のR&Bトラックをピックアップして紹介したい。

78. Hoody – Hangang (no album, 2017)

Hoody (후디) – 한강 (HANGANG) MV
Hoody「Hangang」

 HoodyはJay Park率いるレーベル<AOMG>に所属している女性R&Bシンガーソングライター。「Hangang」は2016年の冬にリリースした1st EP以降、彼女が初めてリリースしたシングル曲だ。夏の季節感がたっぷり楽しめる爽やかなアップテンポのR&Bポップで、聞き心地のいい彼女のボイスカラーがよく生かされている。タイトル通り韓国・ソウルに流れる漢江(ハンガン)をテーマにした楽曲で、溢れる愛の気持ちを表現しており、MVも漢江を背景に撮影された。清涼感に満ちたHoodyの歌声と同レーベル所属のCha Cha Maloneによるプロダクションは、いつどこにいてもリスナーの心を真夏の漢江の川辺に連れていってくれるだろう。

75. offonoff – Dance (boy., 2017)

OFFONOFF – 춤
offonoff『boy』

 offonoff はシンガーソングライター・Coldeとプロデューサー・0channelからなるR&Bデュオだ。「Dance」は彼らにとって唯一のスタジオアルバム『boy.』に収録されたトラック。同アルバムは「Korean Hiphop Awards 2018」でR&Bトラック賞を受賞した「gold (feat. DEAN)」も収録されている名作だ。「Dance」の魅力は何と言ってもミニマルな楽器を抜群のセンスで豊かに組み立てた0channelの洗練されたビート、そして歌とラップを自在に行き来するColdeの巧みなボーカルだろう。「Late at night I think of you」というフレーズが繰り返される切ないサビも含め、夜の雰囲気にぴったり合った一曲だ。

61.Jay Park「All I Wanna Do(Feat. Hoody, Loco)」 (Everything You Wanted, 2016)

Jay Park X 1MILLION / Jay Park – All I Wanna Do (Feat.Hoody, Loco)
Jay Park『Everything You Wanted』

 先述のHoodyも参加した「All I Wanna Do」は、<AOMG>のCEOであるJay Parkが同レーベルのメンバー2人を迎えたトラック。「Hangang」と同様に本トラックもCha Cha Maloneがプロデュースを手掛けた。元2PMのメンバーとしてキャリアをスタートさせたJay Parkは、今やヒップホップ/R&Bアーティストへと進化し、<AOMG>と<H1GHR MUSIC>という2つのレーベルのCEOも務めている。さらにはJay-Z率いる<Roc Nation>とも契約してアメリカ市場に本格進出を遂げ、韓国のブラックミュージックシーンを代表する人物となった。「All I Wanna Do」は彼のポップスターとしての魅力を惜しむことなく披露したポップなR&Bトラックだ。1MILLION DanceStudioとのコラボで誕生したダンスビデオも話題になった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる