大原櫻子、中川晃教、ソニン……『FNS歌謡祭』出演、ミュージカルで活躍するアーティストの歌唱力

 12月4日と11日の2週にわたって放送される『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、今年もミュージカルで活躍する俳優やアーティストが、劇中で歌うナンバーやパフォーマンスを行う人気企画を実施。第一夜では、『Endless SHOCK』主演の堂本光一が番組史上初となる“フライング”に挑戦したほか、大ヒット中の『アナと雪の女王2』公開記念特別企画として中元みずきが「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに(エンドソング)」を、May J.が「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を歌唱。また、『ヘアスプレー』に出演する渡辺直美、Crystal Kayらが来年6月の公演開始に先駆け、「You Can’t Stop The Beat」を披露し話題を呼んだ。

 そして11日放送の第2夜では、『ミス・サイゴン』から市村正親・大原櫻子ほか、『ジキル&ハイド』から石丸幹二、 『レ・ミゼラブル』の伊礼彼方、『マリー・アントワネット』 よりソニン、『モーツァルト!』の中川晃教、『アナスタシア』から葵わかな、海宝直人、『四月は君の嘘』の生田絵梨花・小関裕太らがラインナップされている。ここではその中から、大原、中川、ソニンにスポットを当て、それぞれの歌唱力について紐解いていきたい。

大原櫻子『Shine On Me』(通常盤)

 まずは、『ミス・サイゴン』出演の大原櫻子。ミュージカル『アニー』に憧れ、芸能界入りを目指したというバッググラウンドを持つ彼女だが、17歳で映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン役を射止めてデビュー。決め手となったのは歌唱力で、音楽プロデューサーの亀田誠治らオーディションに参加した関係者の満場一致で決まったという。いわば当初から女優だけでなくシンガーとしても期待される存在だった。そんな彼女がミュージカルに初挑戦したのは2016年上演の『わたしは真悟』でのこと。翌2017年には『リトル・ヴォイス』で初主演を果たした。大原櫻子といえば、まっすぐで衒いのない歌声が魅力だが、ミュージカル出演時は、情念のこもった激しさや、しっとりとした大人っぽさなどそこに表情が生まれている。シンガーとして、女優としてそれぞれに経験を積んできたことが、ミュージカルの世界でも活かされているように思う。

大原櫻子 圧巻の初主演舞台 『Little Voice(リトル・ヴォイス)』 ゲネプロ

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!