>  >  > 中村倫也ら、『アラジン』吹替版支える歌唱力

中村倫也、木下晴香、山寺宏一……映画『アラジン』吹替版を支える優れた歌唱力に注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディズニー長編アニメーションで世界的に有名な作品『アラジン』が、同名タイトルで実写映画化された。本作はアニメーション版のファンを魅了し、さらにウィル・スミスのジーニー役が映画ファンの中で話題となっている。しかし、注目を浴びているのはそれだけではない。プレミアム吹替版のキャストの豪華さも集客の一翼を担っている。主人公のアラジンには中村倫也、ヒロインのジャスミンには木下晴香が抜擢された。さらに注目されていたジーニーは、アニメーション版と同じく山寺宏一が吹き替えを務める。ドラマや映画でも活躍する中村を筆頭に、アニメーション界トップスターの山寺、ミュージカル界実力派の木下と豪華キャストが歌声を披露することで、作品の評判も上々だ。

 ミュージカル映画にとって歌唱力は、かなり大きなウエイトを占める。昨今のミュージカル映画でヒットを飛ばした作品と言えば、『ラ・ラ・ランド』(2016年)や『グレイテスト・ショーマン』(2017年)などが有名だろう。とくに『グレイテスト・ショーマン』の大ヒットの所以は、歌唱力が大きく評価されたからと言っても過言ではない。「This Is Me」のキアラ・セトルや「The Greatest Show」のヒュー・ジャックマンの伸びやかで力強い歌声は、作品のストーリーとも重なり、背中を押されるような楽曲となった。『アラジン』もまた、同じようにヒットを飛ばしているだけの要素は充分だ。日本国内での注目度で言えば、中村と木下の歌声で、従来のアニメーション版よりもさらに広い層に届いているように思う。

 中村は俳優でありながら、歌唱力にも定評がある。過去にミュージカル作品『RENT』や『残酷歌劇「ライチ 光クラブ」』などで生の歌声を披露し、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合)の劇中でも歌唱シーンがあった。他にも映画やバラエティ、ラジオなどで度々美声を披露し、SNSで話題をさらってきた。今回『アラジン』の吹き替えでは、主人公アラジンのセリフだけではなく、歌唱シーンの吹き替えも担当している。長編アニメーションの頃から、ディズニー作品の定番ソングとして愛されてきた「ホール・ニュー・ワールド」で、木下と息のあったハーモニーを見せている。中村の声はもともと甘く、若々しい印象だ。やや高い歌声もまた、アラジンの無垢な青年という役柄に合うように聴こえる。丁寧な歌い方には誠実さが見え、伸びのある声は優しい印象を抱かせる。

 一方、木下の声は透明感があり、芯の強い女性という印象だ。木下は歌唱の際、かなりはっきりと発声している。その様子が、強い意志のある女性というジャスミンのキャラクターにマッチしているのだ。生歌で勝負してきたミュージカル女優だからこそ、声の安定感は群を抜いている。二人のハーモニーは相性抜群で、非常に耳馴染みが良いため、アラジンとジャスミンの距離が縮まるという重要なシーンでは、芽生える恋心を自然と感じさせるハーモニーとなっていた。

      

「中村倫也、木下晴香、山寺宏一……映画『アラジン』吹替版を支える優れた歌唱力に注目」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版