>  >  > 堂本光一、舞台に向き合う本気の姿勢

KinKi Kids 堂本光一、舞台に向き合う本気の姿勢 『Endless SHOCK』大阪公演開催を機に考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 堂本光一が主演し、今春には上演1700回を達成した舞台『Endless SHOCK』。9月から梅田芸術劇場メインホールで、約2年ぶりとなる大阪公演開催が決定した。そこで今回は改めて、彼の舞台に向き合う姿勢を改めて考察したい。

 6月15日に放送された『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)では愛宕神社の石段を見て、「88段」(正解は86段)とニアミスな回答をした光一。「私の場合は、自分が階段落ちてるのが22段なんですよ。で、あのくらいの高さだろうなっていうので」と『Endless SHOCK』での経験から予想し、「落ちるのは得意だけど、上るのは不得意よ」と述べていたのも印象的だった。

 2018年には『ナイツ・テイル-騎士物語-』で“ミュージカル界のプリンス”井上芳雄と共演し、さらなる経験を重ねてきた。そんな井上とは『第73回トニー賞授賞式』生中継出演のため、ともにニューヨークへ。その際を振り返り、井上は「光一くんは演出もしているからか、舞台裏の事にすごく興味を示していて。(中略)光一くんは「(幕や照明を吊るす)バトンを何本使っているんだろう」とか「あの装置はどこにしまっているんだろう」など、そういうところも含めて楽しんでいるみたいでした」と語っていた(参考:SPICE)。主演を務める一方で、演出も手がけてきた光一ならではの視点だ。実際、光一自身も「僕はものづくりが好きで、本番よりも稽古が好きなタイプ」と話している(参考:AERA dot.)。今年春の『Endless SHOCK』でもオーケストラを増やしたり、新曲を入れるなど新たな挑戦を続けている。

      

「KinKi Kids 堂本光一、舞台に向き合う本気の姿勢 『Endless SHOCK』大阪公演開催を機に考察」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版